« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月の30件の記事

2006年10月31日 (火)

週末のフットボール

○セリエA
この前も書きましたが、ミラノダービーはインテルが見事な勝利。マテが退場してなきゃ一方的なスコアだったかもな~。ま、とにもかくにもマテはMIPでしょう。ハイライト見た感じでは、スタンコビッチがまた輝きを取り戻しつつあるのかな。ただ調子がいいだけなのか。
トッティは体重そ~でしたが、ローマは大丈夫なんでしょうか?

○プレミアリーグ
いやもう、なんであんなランパードはうまくなったのか、改めて感じさせられたわ。やっぱ周りの環境て大事だなぁ。クラウチもルーニーもいいし、ほんまイングランドは強くなってるはず??あとはDFかなぁ。

○リーガエスパニョ~ラ
バレンシア何気に負けてますね。うぎゃー。やっぱ選手層が薄いのは相変わらずなのか?けが人が出だしたらとまらない!やばいな。
そういえば最近すっかり放置気味だったサラゴサですが、結構いい順位!こりゃあCL圏内もねらえるか!?ディエゴミリートが頑張っているようですね。

○セリエB
そんでもってわすれてならないのが、デルピエロ200ゴール!もはやユベントスの象徴的存在。自分も大ファンっす。勝ち点減点も軽減されたみたいだし、もはやセリエAに戻るのが既成事実か。そーなると、来年以降もしっかりプレーしてくれよ~、アレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

週末のJ@残り6試合

長いこと書いたのに消えてしまった・・・。気持ち取り直して。

○グランパス2-1ジェフ
まさかジェフに勝ってしまうとは。
ここ最近のグランパスの調子の崩れっぷりからすると今日も厳しいかなぁって予想してましたが。まさかまさかの勝利。ストヤノフ退場で数的優位にたったことがきいたけど、それでもジェフに勝ててしまうとは、予想外。玉田のPKゲット&自分でゴール(玉田ってほとんどPK?)、杉本はまた決めたか。ほんと最近調子がいいみたいですね。ヨンセンが決めなくても俺がいるゾみたいな。スピードスター杉本いよいよ才能開花かも。

○レッズ2-3ジュビロ
結果論ですが、トゥーリオを欠いたのは痛かった。こうなるとジュビロはそーゆー穴をしっかりついてくるから、レッズにとっては仕方のない敗戦??フロンターレとは残り5試合で4点差。圏内ギリギリかな。もしかしたらフロンターレ全勝しても追いつかないかもしれないし。けど、一応まだまだ優勝戦線は混沌としてるということにしておきましょう。

○サンフレッチェ3-0横浜FM
マリノス守備陣崩壊?とにかく元名古屋ウェズレイはやっぱりまだまだすごい。年取っても全然衰えないな。

○残留争い
サンガはちときつくなったか。アビスパ、セレッソは勝ったし。これはでかい。やっぱ3点の持つ意味の大きさがわかります。

○J2・レイソル3-3横浜FC
個人的に今週のピックアップマッチ。
熱い試合でした。ハイライトだけ見てても。会場いたら燃えたでしょうね。
1-3からドローまで持っていった横浜FCのメンタルの強さには頭が下がります。これで昇格はほぼ決定でしょう。逆に、レイソルはやっぱりここ最近全体的に調子悪いですね。入れ替え戦濃厚かな。

○番外編・ミランダービー
インテルが勝ちましたね。ミランはワントップだったみたい。中盤厚くするっていう采配はどーだったんかな。アンチェロッティ守りの采配?いい意味でも悪い意味でもマテラッツィが目立ったみたいですね。ゴール決めてユニぬいで退場!みたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月28日 (土)

宇治川スタンプラリー@健脚コース

Dsc00755今日から宇治スタンプラリーが開催されるってことで、行ってきました。これは毎年やってみるみたいです。自分は今回が初チャレンジ。

京阪宇治駅からスタートして、三室戸寺→恵心院・興聖寺→大吉山・朝日山→天ヶ瀬ダム→もみじ谷→県神社→平等院そして中の島ゴールという結構ハードなコース。

 

Dsc00809朝十時集合でゴールにたどり着いたのが午後の四時。結構歩きました。足裏疲労です(>_<)直線距離で15キロほど。わりと余裕もって歩いたんですが、最後は時間ギリギリ。途中から各スタンプポイントをゆっくり味わうこともできず、ただただ歩いてスタンプを押していくっていう風になってしまいましたが。景色を楽しむのがメインかな?もみじ谷と天ヶ瀬ダムを登るところが結構きつかった(^^ゞ山ん中は紅葉してたらきれだろーなーって感じでした。ポイントポイントで立ち止まってたら、時間内に終われないかも??一日がかりでした。

さすがに最後まで計23個のスタンプを集め終えた時は達成感ありました。最後に抽選できるんですが、外れの“はがきセット”でした。10人ほどいてはがきセットは8人て・・・。全然当たんないっす。あんなけ頑張ったのにぃ。

それにしても予想外に参加者が多くてビックリしました。おじいちゃんおばあちゃんが多かったですが。僕らみたいな若者の集団はあんまりいなかったかな。

Dsc007621

左の写真は今日の一枚。あえて注目してみました。本当は期間限定の十一面観音の方が注目なんでしょうが・・・。
恵心院の入口の瓦の写真です。怖い・・・。

花もいろいろ咲いていて(名前わかんないけど)、きれいでしたよ~。

|

最近のお気に入り@Scissor Sisters

シザーシスターズの新譜はなかなかいいです。I don't feel like dancin'が気になってアルバムを購入。しかも買ったUK盤(?)はケースもおしゃれ♪エレベーターの扉を開くみたいになっている。下のジャケがそれ↓

Ta-Dah Ta-Dah

アーティスト:Scissor Sisters
販売元:Umvd Labels
発売日:2006/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アルバム全体通してテンポのいいポップチューンばっかで、テンションあがります。まとまりもよし。携帯プレーヤーに落としてヘビーローテで聞きまくっています。Panic at the discoとかとなんか似たようなイメージかな。テンションあげるにはもってこいですね、どちらも。
最大の疑問は日本語版タイトルが“ときめきダンシン”であること。意味わかんね。“I don't feel like dancin'”なのに、どーしてそうなる?歌詞を読んでも“ときめきダンシン”って感じじゃないでしょ。まぁ僕は日本語版買ってないのでいいんですが。正直言って、洋楽CDに意味不明の日本語タイトルはつける必要なし。

| | コメント (0)

2006年10月26日 (木)

ミッドウィークのセリエA@第八節

ミッドウィークにカップ戦ではなく、リーグ戦があったセリエAを勝手にクローズアップ。
週末にミラノダービーを控えたインテル、ミランとも勝利を収めましたね。どちらもメンバーはある程度絞れつつあるんでしょうか?
今回はミランに注目!出場時間などをみてると、ミランはヤンクロフスキーが左サイドやっているんですね。さすがにマルディーニはちときつくなってきたんかな?それ以上に注目すべきはミランのアタッカー陣でしょうか?ピッポは固定としても(年取っても相変わらず動けるというのはさすがだと思いますが)、もう1人をジラルディーノにするかリカルドオリベイラにするか。ピッポとジラルディーノは似たタイプだから、難しいとは思いつつも、イタリアのためにジラルディーノを使う、といったところでしょうかね。アンチェロッティも悩めるところですよね。
今週末のイタリアダービーは勝ち点減点されているミランとしては勝ち以外は考えられないでしょう(軽減されるという話もありますが、どの程度がわからないし。しかもホーム扱いだし)。ミランが負けたら、インテル他のチームが一気に加速するということもありえないことでもないかなあ。とりあえずは序盤戦の流れを決める大一番になることは間違いなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月24日 (火)

週末のフットボール

今週はビックマッチがわりかし多かった?
○クラシコ(レアルマドリーvsバルセロナ)
うむむ、レアルはかなりしっかりしたサッカーをしていた、という印象。二点目のカウンターは「みんなこんなに玉離れはやかったっけ?」とおもうくらいのスムーズな攻撃だったし、なんといってもやっぱりカンナバーロが相当でかい。あれだけの精神的な支柱ってのはDFでいっ最近だとたらイエロくらいなもんだろーしなあ。弱い相手にもこれだけのフットボールを展開できれば、と思いますが、まあカペッロが浸透してどれだけスキの無いチームになっていくんでしょうか?まだまだ予断を許しません。
リーガは、バレンシア、サラゴサもまだまだ上位に食いとどまっているみたいだし、これから年内までふんばれるかな。

○ブレーメンvsバイエルン
ジエゴってブレーメンにいたんだ。おさえてなかったわ。ドイツってなにかと国内移籍が多いから、他の選手についてもどーなってんのかイマイチ。それにしてもジエゴの天井突き刺したシュートはすごかった。今年は相当な飛躍に年になるやも。

○マンUvsリバポー
今年のマンチェスターは強い!というべきかリバプールは相変わらずというか。とりあえず、リバプールの優勝は100%ありえないし、現時点ではCL圏内さえ怪しい??あとはアンフィールドでどうなるかでしょう。

○セリエA
最後に。今週はどの上位チームもおつきあいって感じで、特に変動はなし。セリエBではユーベ連勝街道。勝ち点減点ももう少し減らされるみたいだし、昇格行けるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

政府誘導型の研究資金

今日は、柳田先生のブログ(柳田充弘の休憩時間:http://mitsuhiro.exblog.jp/)に大変興味深い記事が載っていました。

「政策誘導型プロジェクトが失敗だったりすると目も当てられないことになります。たとえとしては、ゆっくりとしたテンポであるがそれなりに豊かにやってる村落に、とつぜん札びらと幻想をまき散らして、根こそぎ若者を都会に労働者として連れ去るようなものです。たとえてして良かったかどうか分かりませんが、タンパク3000とかいう政策誘導研究にきわめて厳しい批判をしてる研究者達がいますが、その批判の内容を分かりやすくいえば、そんな感じです。結局、最後は研究成果の質が問題になるのですが、そこの点まで突かれてるようです。」
http://mitsuhiro.exblog.jp/4777380/より)

そうだよなぁ。まさにこんな研究室が自分の身近にあるし(^^ゞけど、研究するにはお金が必要だし。難しいところです。学生の立場じゃまだまだ何にも言えませんがm(__)mけれども、大学における“学生の教育”ってことを考えるならば、こんなこと(=学生を労働者として使うこと)はやめて欲しい。やっぱりタンパク3000て批判的な人も多いんですね。ちょっと安心・・・。今はどれくらいまで進んでるんでしょうかね。もうほとんど終わりかけ??結局は似たもんの構造ばっかり解かれていって、あんまり話として進んでないんじゃないか、という印象しかありませんが。

柳田先生のブログを見て、ふとこんなことを思ったので書き留めておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊花賞&日本シリーズ

さすが菊花賞。すごい人。今年はディープはいないが、それでもかなりの人。10万弱??一応サムソンの3冠って話題もありつつ。

うむー、ドリームを軸でいったんですが・・・。
ラストストレートは「ドリーム!ドリーム~~~!頼む~!」って叫びまくってました。いけると思ったんですがね、ストレート半分くらいまでは。まさかソングオブウィンド(幸四郎)が来るとは。ちょっとノーマークでした。アドマイヤメインが大逃げしたっていう武の作戦(これも最後まで粘って三着入ったからさすが)とドリームのラストのあがりにうまく乗った感じで。残念。しかし、久々に燃えたレースだった。コースレコードだったしね。それにしてもドリームは無念無念。またしてもG1勝てんかったか。連対はバツグンなんですが。

で、そのあと三条へいって、HUBで日本シリーズを応援。こちらも途中までは2-1リードでドラいけるか、と思わせる試合展開でしたが、あと少しってところで“マサの失投”&“岡本のやっちゃったよ、ど真ん中”でジエンド。特に岡本はないだろ、あれは。外人にどうぞっていうど真ん中やったらいかれるよ、そりゃ。最後もマイケルにきれいに片付けられて嫌な印象の残る敗北。岡本が出てきた時点でやな感じはしてましたが・・・。井上とマサのバンド失敗も痛いといえば痛かった。これで北海道行ってとにかく勝たねば。あっさり三タテなんてことはないよな??

というわけで、今日は負けっぱなしでした。

|

週末のJ@28節

①ヴァンフォーレ2-1グランパス
我らがグランパスは甲府にあっけなく負け。試合開始までの時点で甲府の順位が上という状況にすら驚き。そんなに下だったんだと。勝てば順位逆転というところだったんですが、あえなく敗北。試合内容は見てないのでわかりませんが、玉田も復帰したし、攻撃陣だけ眺めたら結構期待できると思うのですが。さらに下の順位が見えるところまで(13位)落ちてきてしまいました・・・・。14、15位と勝ち点差2とは。はーあ。イマイチ調子に乗り切れませんな。

②レッズ2-2フロンターレ
フロンターレはドローになってしまったけど、まあ今年ホームで負けてないレッズ相手によく二点も取って引き分けたなと。終盤はおされ気味だったし、残念ではあるけども、これが現状か、という感じ。なんだかんだでやっぱりポンテの存在はすごくでかい。個人的にはワシン以上の貢献度あると(言いすぎかな!?)。まぁしかし、これで明日ガンバが勝てば勝ち点3差になってまた射程圏内になるな。

③アントラーズ1-2マリノス
正直言ってマリノスの方が断然よかった。テレビで見てたが、アントラーズはどーしちゃったんだろ。最近はがたがただ。

グランパス&上位戦線中心に、こんなところで。今日は寝ます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月22日 (日)

透明人間誕生!?

「透明人間誕生か?米で透明マント実験成功」したそうで。実際にどんな感じなんでしょうか。ただただ見てみたい、と思うばかりです。

このニュースを最初に見たときパッと思い浮かんだのが、「透明人間の告白」という本。
「《本の雑誌》が選ぶ30年間のベスト30の第1位」に選ばれた時に読んだんですが、これはかなり面白いSF。さすが一位に選ばれただけの事はあるなと。上下巻に分かれてるんですが、もう読み出したら止まらない。

透明人間の告白〈上〉

透明人間の告白〈下〉

  透明人間の告白〈上〉 著者:H.F. セイント
  販売元:新潮社Amazon.co.jpで詳細を確認する

透明人間の告白〈下〉 著者:H.F. セイント
販売元:新潮社Amazon.co.jpで詳細を確認する

透明人間ていうと、なんでもできちゃうし自由だからいいよなぁなんて思う人がほとんどでしょ!?漫画etc.でも透明人間はやりたい放題だし。
けど、透明人間であることを「超」リアルに考えちゃったのがこの本。少しでも透明な部分が見えたらアウト。完全に体を覆ってないとダメだし、食べたものが消化されたものが見えちゃったりするところまでしっかりつめてあって、透明人間が生きることはとても大変なんだよということが伝わってくる。並の人間なら透明人間として生きていくことは不可能なんじゃないか、おそらくこの本の主人公ニックしかできないだろうな、って。そんな《透明なヒーロー》ニックをめぐって繰り広げられるこの話。スリリングなSFを読みたい人にオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

自殺について&読書について@ショウペンハウエル

最近、また自殺する人のニュースが結構耳に入ってくるようになって、自殺に否定的な自分としては、残念でならないのですが。だって、自殺したって直後は取り上げられても、すぐに忘れちゃう。人間てものは。結局あとには何にも残らない。自殺したら負けとまでは言わないけど、それに近い感覚がある。

そんなときに思い出した本が

自殺について 他四篇 自殺について 他四篇

著者:ショウペンハウエル
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これは自分の意見とは正反対。題名を見ただけでも読んでみたくなった人、ぜひとも一読を。短いし、哲学書の割りにそんなに構えて読まなくてもきっとわかるハズ。

ショウペンハウエルといえば、もう一冊

読書について 他二篇 読書について 他二篇

著者:ショウペンハウエル
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これは自分が本格的に本を読み漁り始めた時に出会って、ちょっと衝撃をうけると同時に、読書に対する意識も変わった気がする。
「読書は思索の代用品に過ぎない」
「読書は言ってみれば、自分の頭でなく、他人の頭で考えること」
などなど、読書ってのは他人に物事を考えてもらうことであって、自分では物事を考えるということをしない。だから本をたくさん読む人は、他人の考えばかりを学んでしまって自分で考えるということせず、他人の意見に傾倒してしまい、自分でものを考える力を失ってしまうから危ないよ。っていう筋のことが書かれている。
かといって、本を読まなきゃいいんだ!ってわけでもないけどね。多読が危険ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月20日 (金)

菊花賞@京都

今週末は京都で菊花賞があるので、久しぶりに行く予定にしております。G1レースが京都である時(春と夏)はちょこちょこ行くようにしてます。やっぱりなにかとそそるものがあります。競馬マニアな訳じゃないんですが。
去年はディープですごい人だったので行かなかったけど。
今年はメイショウサムソンが大人気。三冠かかっているんですね。そんな印象全くなかったけど。個人的にはメイショウサムソンはなしでお願い、という感じ。ドリームパスポートとかフサイチジャンクあたりを狙おうかなと。
やっぱ距離が長いからそこがわからんとこ。はー、どうなるんでしょ。

ま、そんな深く考えてもダメなもんはダメだし、あくまで楽しむという気分でいきましょ 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

最近の海外サッカー(遅ればせながら)

更新滞ってましたが、再開。
CLは注目してたんは、インテルくらい。しっかり勝ちましたね。ここからのインテルはきっと強いハズ。来週はモスクワでのリターンマッチですが、たぶんいけてしまうんでしょう。なんだかんだで。ぎりぎりまでネタを提供し続けるクラブ。それがインテル。
そこがインテルのすごいところでもあり、体制の変わらない悪い原因でもある訳で。
(追記:あとは困ったときのフリオクルスですね。ある意味神です。)
あとはバレンシアかな。ビジャが今年もしっかり働きそうですね。うむ。ストライカー不在だった(数年前までは。バラはがチーム得点王だったのが懐かしい‥‥)バレンシアには超強力なストライカー。アイマールがいた時以上に期待できそうです。

あとは遅ればせながらですが、代表戦でのロビンソンの空キックは泣かせましたね。まあとはいっても、イングランドGKはココ最近鳴かず飛ばずですから、そんな差を付けられたという訳でもないような気が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

マグ不足を解消する

今日、新風館いったら、チュートリアルがライブをやってた。

すごい人気だった・・・。

とまぁ、それはおいといて、マグカップを久々に新調したんです。今日は。
もともと高い安いに関わらず、形とデザインでマグを買い漁ってはいるんですが。

何故か最近、あの世へ行ってしまうマグが続出していて(投げ飛ばしたり、ぶつけてしまったりetc.)、“マグでコーヒーを飲む派”としてマグ不足(なんじゃそりゃって感じですが・・・)になってたんです。

ぐるぐる探し回った結果、2つのマグが新たに仲間に加わりました!オリエンタルエクスプレスのマグと洋なし型(?)のマグ。割らないように気をつけよーっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

いよいよ浦和優勝濃厚になってきた@J1第27節

グランパスはエスパとドロー。結果したら悪くない?けど、失点のシーンは抑えられたような。どうなんでしょう。楢崎あれ、はじいちゃうかなぁ。キャッチできそうなもんだけども。
ゴールシーンは杉本→ヨンセンループヘッドでここ最近の調子のよさが持続してる感じでよかったですが。

それ以外では、ジェフ対アントラーズをBSでみる。意外にも千葉はポンポンいっちゃって。原さんも言ってましたが、ハースは充電たっぷり。相当よかったですね。アントラーズはいい時間帯もありましたが、決められなかったことで流れがジェフにいってしまいました。このカードはナビスコの決勝でもあるんですが、まぁこの試合はそこまで参考にならないかと。アントラーズの選手があんまり出てないし。先制点が勝負どころかな。当たり前ですが。

そしてもう1試合。ガンバ対マリノス。ガンバは遠藤の不在が響きまくり(?)。長期離脱なんて話もありますから、もうレッズをとらえることは難しいという気がします。

そうなると、残り7試合の時点で、優勝はレッズに決まりかなぁ。ありえるところでフロンターレですか。次節直接第決要注目です!レッズの残り試合を調べると、川崎、ジュビロ、マリノス、グラ、甲府、東京、ガンバ。最後にガンバレッズ直接対決ありますが。それまでには決しているのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

最近何故かマイブームな紅茶

今日は、特に書くこともないので、最近何故かはまっている“紅茶”についてちょこちょこ書いておきまーす!勿論まずはコーヒーですが。

前はやや凝ってて、リーフティーを入れたりもしてました。アールグレイのあの独特の風味が大好きでしたが、やっぱ面倒。で、あんまりやらなくなってしまったのですが・・・。

最近はスパイスチャイがあつい(^^♪それ以外だったら、フレーバーティーばっかですね。しかもティーバック。やっぱり簡単!手軽に楽しめるのがいい。
チャイはミルクパンも買って、しっかり形から入りました。スパイスの香りがミルクと超マッチしていてなんともいえず素晴らしい。はっきりいって決まった作り方など存在しない(多分)!個々の好みに応じていろいろアレンジして楽しめます。みなさんも自分のチャイお試しあれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

インドvs日本@アジアカップ予選

しっかり勝ちましたね。播戸もしっかりゴールできたし。

しかし・・・・

ガーナ戦の反省があんまりいきてないような。とりあえず、あの試合でも基本技術の正確さがダメだ、といろんな人が言ってたが。

それなのに!

ピッチが悪いetcの理由があるにしても、少し軽率すぎ。この試合では、サントスはトラップミス多すぎ、鈴木もあんまり(ゴールまでのトラップミスはあせった。世界レベルならあそこから1失点だよ。)。インド相手ならもっと落ち着いてやればいいのに。なんかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

ドラゴンズリーグ優勝!!

いや~、やっと決まりましたね。マジックついてから長かった長かった。

福留タイムリー、ウッズ満塁弾で華々しく最後を飾りましたね。けど、それだけだと5点。スコアは9-3。

あれ?というわけで、調べてみると・・・・

ウッズホームランの後、森野と懐かしの奈良原で1点追加してたんですね。渋い、渋すぎです。こんなところで隠れ仕事をするとは。

まあ何はともあれ、これで阪神戦を含めた残り試合でしっかり調整して、日本一を今度こそは。何年ぶりになるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面白投票@サッカー

<>

<>

ふと見かけた某サイトでの投票のピックアップ。

サッカー日本代表入りを目指す「大型FW」平山相太に期待するものは?
clear
得点力
ポストプレー
前線からの守備
豊富な運動量
その他

これは当然“その他”で決まりでしょう。だって、彼はまだ代表に入らない、いや入れないでしょ。メンタル弱etcの理由で。もし間違っても選ぶことがあったら、オシム監督の評価下がっちゃう。というかオシムなら選ばないハズ。そんな彼に得点を奪われた我らがグラも反省すべきところはありますが・・・。
正直、Jレベル、アジアレベルではがんがんいけると思います。いまのままでも。あれだけの高さがあればね。ほおりこんどきゃ、かなり拾ってくれるでしょう。
問題はそこじゃなくて、世界に目を向けた時。絶対無理(・.・;)

イングランドには2メートル越えのクラウチがいますが、彼なんかは急激に(リバポの移籍したあたりから)自信をつけて代表にもしっかり定着しましたからね。メンタルのアップはやはり重要(当たり前か・・・)。

代表にしっかりしたターゲットマンがいれば世界でももっとうまく戦えるのかもしれませんが、現実路線ではスピードスターでしょうか。悩ましいところですね~、オシム監督。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

えーが鑑賞。

ひさしぶりにレンタルして映画を見た。今日見てたのは、パリテキサス(84)と過去のない男(02)。どちらも映画マニアな友達からの推薦作。

どちらも奥深い作品だった。考えさせる映画ですね。推してくれた友達に感謝感謝。

『パリテキサス』・・・あのノスタルジックなサウンドがトラヴィスのうつろな気持ち(?)をより際立たせているという印象。ライクーダという人のらしいんですが。見終わった後、サウンドトラックを速攻でDLしてしまったほど。
トラヴィスがジェーンとマジックミラーごしに話すシーンは、この映画のハイライト。穏やか~な中にも、トラヴィスの意思もしっかり感じられてジ~ンときました。

『過去のない男』・・・暴漢に殴られて、記憶なくしてしまう主人公。しかし、見ず知らずの主人公を支える周りの人たちの暖かさ。靴をさりげに盗んじゃうあたりもなんだかアリかなって思わせちゃう。言葉も多くはいらない、といった感じでしょうか。「過去ときっぱり縁をたって、これからを新しい生きていく」というのも、まぁある意味ありかなと思わせる映画でした。最後に寿司&日本酒を食ってたのはなんでなんだろう??あれがよくわからんかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

京都で焼肉を食すなら

久しぶりに、ボーリングを12ゲーム(ガチンコ勝負・約4時間)投げた後、さすがに疲れたってことで木屋町三条の京の焼肉処・弘へ。場所がわからんくて電話したら、『「弘」って描いた提灯がありますよ~』ってことだったんだけど、

その提灯後ろ向いてるし(^^ゞわかんね~。発見にかなり手間取った。

とはいっても、お店は満席状態。有名なんですな。しかも、わりかしリーズナブルなお値段なわりには、肉厚&ジューシーでおいしいかった(^^♪雰囲気(というか店の位置入口まで)の感じもなかなかそそる(町屋風)。和牛タン塩はさすがに高くて、それは断念。最近はどこでもすごく値上がりしてて、なかなか口に入れる機会がないなぁ。

史上最強のロースっつーメニューがあって、すっごく気になったんですが、若干値が張ってて・・・。今度行ったら絶対チャレンジしよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あのPKはなしだろ!・今週のJ

今日のレッズ対ジェフ。あのPKはなしだろー。しかも退場!?後半、ストヤノフがワシントンに倒されちゃったシーンでカードなしとは。明らかレッズびいき。
うぬぬ、むかつくー。しかもトゥーリオでてるし。意味わかんね。

しかもガンバは劇的過ぎる逆転負け。痛いな。これで3差か。ジュビロが貫禄をみせた試合。エキサイティングな試合だった。

で、グラですが・・・。平山なぜ決める?といった感じ。あれはオフサイっぽかったけど。うぬぬ、副審め。とはいっても、杉本が決めたんは好材料。

サブの話題としては、柱谷は解任されてたんすね。しらんかった。こないだのがラストゲームになったわけか。あとは川勝さんはめでたく勝ち星をあげたみたいで。かたや解任、かたや続投という、ここらへんのフロントの態度の分かれ目がどう影響するんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

アネルカ代表復帰

うむ~、とうとう復帰しましたか。アネルカ君。
ゴヴとサハのコンディションが悪いかららしいけど、まだまだアネルカはいけるんでしょうかね。

昔からトラブルメーカーとして知られている彼ですが、勿論天才肌タイプのフットボーラー。試合に出ることがあればどうなるか楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

アカデミックハラスメント&人権

今日はアカハラとか人権云々について、いろいろめんどうだなぁってことについてつらつらと思うことを書きておきます。人それぞれに意見があると思うし、被害にあってる本人はとても辛いことだと思います。

某大の某部においてのセクハラ事件があってから、“人権について”なる冊子が配布されるなど、「人権!人権!ハラスメントNo!」なんていう輩が急に増えだしてきて、ややこしいったらありゃしない。上司と部下(教授と学生)、先輩後輩などなど人間関係ありますが、「多少のことは我慢せい!」という感じです。誰でも必ず我慢してることはあるハズ。実際、僕だってあります、当然ですが。

とはいっても、。真の「ハラスメント」も勿論存在するわけで、それに関しては全く否定する気はありません。

なのに、この人権なるものを逆手に利用(?)してくる輩が世の中にはいたりするわけで。多少うまくいかないことがあっても、それをなんでもかんでも相手のせいにして「ハラスメントだ」(ここでは“被害妄想ハラスメント”と定義)ってのはあまりにも卑劣じゃないか。

最近は、被害者が「これはハラスメントだ」と思ったら、加害者がそんなつもりはなくても、ハラスメント扱いになるんだとか。繰り返して言わせてもらえば、制度を悪用することが可能になったということですよね。

そんな被害者ぶってる人たち(ほんとの被害者は除きます)には“あなたたちには、自分も悪いんだ”という意識がないのか、と強く言いたい。過度な被害妄想は何もいいことは生みません。

こんな人たちは明らかにコミュニケーションが不足しているんでしょう(そうとしか考えられない)。残念ですが。多少なりともコミュニケーションをとることが出来れば、こんなことにはならないはず。しっかり話し合う、というステップはとても大切です。コミュニケーションがとれていれば、被害妄想ハラスメントは起きないはずでしょ。

上に書いた話をいろいろ聞くたびに、ややこしい時代になったなぁとつくづく感じます。

| | コメント (0)

対ガーナ戦

昨日は残念でしたね。でも、負けはしたけど収穫はあり??といったところでしょうか。
決定力不足ってのは永遠の課題でしょうから、監督がオシムに変わっただけで、急に変わる訳が無い。当たり前か。なんか結果がでないとすぐに批判がでるけど、もう少し我慢できないのかな。しかも昨日の試合は親善試合。
アジアカップ予選で敗退した訳じゃないんだから。
そんなんだったら、ジーコの方が遥かによかったじゃんってことになる。ジーコは内容はどうあれ、強運で結果は出してた。最後ワールドカップではその強運も通じなかったけど。
オシム監督はばっさりチームを変えて、さあこれからってところだから、とりあえず来年のアジアカップまでは見守ってあげましょうというところです。よい試合内容がよい試合結果としてあらわれてくるはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

RNAiにノーベル医学生理学賞!!

今年のノーベル医学生理学賞はなんとなんとRNAiでしたね。
まだできたてで、すごくホットな研究が選ばれるとは。ややサプライズ!?なんでしょうか?いずれはもらうんだろうなぁって思ってましたが、早い早い。
なんといっても発見されたのが1998年だから、まだ10年すらたってない!論文でも最近急激に数が上昇しているホヤホヤのテクニック。
けど、すごく広がってるからなぁ。学会でも普通に見かけるし。自分も使ってみたいなぁ。って酵母じゃあんま用途ないですが(^^ゞ

RNAiについてまたワイドショーやらニュースやらで説明するわけですけど、どんな説明になるんでしょうか?そっちの方が楽しみだったりするわけで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

珈琲の日

すっかり忘れてましたが、10/1は珈琲の日でした。珈琲党の自分にとってはわりかし重要な(?)日だったりするわけで(^^ゞ
久々に新しく焙煎豆を買って、挽いて、ドリップして珈琲いれました。やっぱうめぇぇぇ(^^♪自分で入れたってのは、なんか達成感みたいなのも手伝って、おいしいです。
なんか10/1がアイスとホットの境になってるんですね。自分は。“挽く→ドリップ→飲む”というのは結構精神的に落ち着きます。最近は結構冷えてきたし、またホットを毎日入れる日が続きますね・・・。

ついでですが、11/1は紅茶の日。紅茶党の方忘れずに・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海外スポーツ

F1はシューマッハが最終戦を前にとうとうドライバーズでトップに立った!いやー、やはり、すごい!というしかない。異次元の強さ!?(別にF1詳しくないんですが)。
スターというのはやっぱり最後にもしっかり輝きを放ちますよね。最終戦・鈴鹿では先にゴールした方がドライバーズタイトルをとるわけだから、ますます盛り上がりそうです。しかも来週は昼間生放送だからなあ。きっと見ちゃうんだろーなー。
あとは、凱旋門賞。これまた競馬には詳しくないんですが、どうなるんでしょうね。日本人で350万買った人もいるという話もニュースにでてたし。これからNHKで放送ありますから、それも要チェックです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

Nudie jeans・生デニム(なまでにむ)

最近はなにやらインポートデニムが異常に(?)騒がしい!?そんでもって、メンズモノもわりかし出回ってるということで、いろいろ見てきた。

まー、種類が多くてどれがどーいいのかわからん、というのが正直な印象。いろいろ要望を言うとそれにあったやつを出してくれるって感じ。パッと見はどれも同じなんですけど。履いてみるとやっぱり違うものは違う。せっかくなら一風変わったやつがいいなぁ、って思うとチップ&ペッパーのダメージ系のデニムとか前は結構好印象だったけど、もう作ってないらしい。最近はどこもわりかしきれい目のラインばっか。つまらんですな。

129372そんななかで、心くすぐられたのが、“nudie jeans”。

ポケットのNのステッチも控えめな感じがgood!そんなかの生デニムといわれるやつ。生デニムって最近よく聞きますが、店員さんに聞くと、生デニム=リジッド(ノンウォッシュ)かリンス(一回洗ってる)なんだって。いうなればただ単にユーズド加工になってないってこと??すごくフィット感があって、生地にストレッチ感のあるやつが結構売れてるみたいですが・・・。実際履くと、

ピチピチです(^^ゞ

個人的にはNG。女の人がはくならいいんすけどね。もしくは超背の高い人。つまり外国人。「A pair of jeans is like a second skin where the indigo and denim are living materials. 」(ジーンズはインディゴカラーとデニムで出来た第二の肌のようだ)(ヌーディーの公式HPより)。この言葉がばっちり当てはまるデニムだった。

そんでヌーディーで気に入ったのが、生地がむちゃくちゃ固いやつ。リンスしてあるらしいんですが、ガチガチ。生地がぶ分厚い。というか使ってる綿が違う!?ほんとにリンスしてるのかってくらいな感じ。レギュラーよかちょっと細め位のシルエットで、履いたらすっっごく気に入ったんですが、値段がちょっと・・・。

あー、けど欲しいなぁ。

けどちょっと高いなぁ・・・。

で、「金たまったらきますわ~」っていってお店をあとにした。なんかいいことがあったときにでも買おっかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

それ以外のJ・グラ快勝

サンガレッズは下に書きましたが、それ以外のJリーグを。

グランパスは大宮に快勝。しかももう爆発してほしぃーーって思ってた杉本が大爆発。ようやく最近の調子の良さを得点という形で表現できたみたい。次戦以降も期待です。ヨンセンのゴールはちょっと笑えました。

降格争いはまさに熾烈!!サンガ、セレッソ、アビスパが勝ち点1差ずつでならんでる。このあとどーなるんかなぁ。もう一個上の15位とはえらく離れてて追いつけないだろうから、ま、サンガにはがんばってもらってJ2との決定戦に行ってほしい。そしたら、応援行くゾ。

J2は横浜FCが暫定首位に立ちました。このまま行けば最高ですが。ベテラン勢の力を魅せつけてほしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »