« お行儀のよいブログ | トップページ | Jリーグ移籍動向~ドゥトラってどうなった? »

2007年1月27日 (土)

iTunesそっくりのiPapersとはなんぞや。

最近は修論に追われて(?)、なかなか余裕のない生活を送っております。そんななか・・・・。

Mac限定ではありますが、とても便利な(?)ツールを発見。論文書いたり、手元の論文を検索・閲覧に使えます。自分の論文データベースを作成できます。こんなツールがWindowsでもFreeであればいいんですが・・・・。

その名はiPapers。以下appleのサイトより転載。

「iPapersはPubMedで参照できる論文のPDFファイルを管理するためのアプリケーションです。
PubMedはNCBIが提供する医学的文献データベースで研究者は自由に利用することができます。論文PDFのファイル名をPMID(Pubmed によってつけられる論文の固有ID)としていれば、ドラッグ&ドロップでiPapersに管理させることができます。
また、PubMedに登録されていない論文でも、手動で書誌情報を入力することでiPapersで管理することもできます。
iPapersは、登録されたPMIDをファイル名に持つPDFファイルの書誌情報をPubmedを検索することによって取得し、論文誌名や著者名などからPDFファイルへアクセスするための情報を作成します。また、所属機関がPDFの購読をしているならば、iPapersでPubmedを用いて論文を検索し、PDFをダウンロードし、管理できます。」

以上のような感じです。ちょこっと使用してみた感じではiTunesそっくりです。著者名やジャーナル名でブラウズできます。iTunesのプレイリストのように論文リストも作れます。

というわけで、便利ツール(?)の紹介でした。生物系の研究&パソコンのOS環境がMacの人は一度お試しを。

|

« お行儀のよいブログ | トップページ | Jリーグ移籍動向~ドゥトラってどうなった? »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140393/5091931

この記事へのトラックバック一覧です: iTunesそっくりのiPapersとはなんぞや。:

« お行儀のよいブログ | トップページ | Jリーグ移籍動向~ドゥトラってどうなった? »