« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月の30件の記事

2007年4月30日 (月)

佳境を迎えた各国リーグ〜混戦続くリーガエスパニョーラ

一昨日の焼肉以来、体調がどうも悪い。完全に風邪を引いた模様。あ〜、最悪だ。鼻水じゅるじゅる、頭も痛いし。
 
今日はオランダリーグを除く(オランダリーグは↓↓の記事を参照)各国リーグを。残り試合が少ないので、そこらへんもチェックしつつ。
 
プレミア
チェルシー2-2ボルトン
エヴァートン2-4ユナイテッド
こりゃ、ユナイテッド優勝は決定だね。これで安心してCLに挑めるね。よかったよかった。めでたしめでたし。
しかもイーグルスが得点してた。まだほかりだしてなかったのね。ちょっと前にベッカム的な選手ってことで聞いたことはあったけど。
まあしかしながら、勝ち点90届く勢いだし、今年のユナイテッドは好調でした。得点王はドログバかな。
あとはUEFAカップ争い。ボルトンかエヴァートンか。エヴァートンは最後にチェルシー戦あるし、ボルトンの方が若干有利かな。
 
ウィガン0-3ウエストハム
こちらは降格争い。熾烈。ウエストハムが土壇場に来て持ち直してきたけど、残り試合からして苦しいかも。ボルトンとユナイテッドか。ふぅ、ここまでかな。ウエストハムってクリスマスは最下位だったっけ?だとしたら、クリスマス最下位だったチームが残留したことはないというジンクスを破れるのかどうかってとこだな〜。
 
リーガ
バルサ1-0レバンテ
セビージャ3-1エスパニョール
ビルバオ1-4レアルマドリー
三雄互いに譲らず。エスパニョールが頑張るかと思いきや、同じバルセロナのバルサを応援できず。次にセビージャvsレアルマドリーがあるから、これでどちらかに絞られるかな。最悪なのはドローだね。どちらかがバルサへの挑戦権をかけて白黒つけてほしいな。
得点王あらそいはミリートかカヌーテか。ロナウジーニョは最近いまいちパッとせんし、ないかな。
 
降格争いは、ビルバオ、セルタ、レバンテかな。ベティコはないか。セルタとレバンテは直接対決あるし、そこらあたりで決しそうです。
 
セリエ
上位争いは変動なしということで、いきなりUEFAカップ争いから。パレルモ、フィオレンティーナ、エンポリの三つどもえ。残り試合からするとフィオはミラン戦あるじゃん。ちょっと不利?けど−15点から頑張ってきたんだし、なんとかいってほしい。単純にマイナスがなけりゃ、今頃CL出場権争いをミラン、ラツィオと繰り広げてるところだし。得点王はトッティ様か〜。
 
そして降格争い。なんと勝ち点3差にパルマ、レッジーナ、シエナ、カリアリ、トリノ、キエーボ、実に6チーム。このうち1チームが降格か。パルマはなんだかんだで最後に調子あげてきたし、大丈夫かな。あと驚いたのがレッジーナ。−11点だったからね。もう初めっから降格すると思ってたのに、ここまでやるとはびっくりです。
 
ブンデスリーガ
ボーフム2-1シャルケ
ボルシアメンヘンクラッドバッハ0-1シュトゥットガルト
ビーレフェルト3-2ブレーメン
あ〜、シャルケ負けたのに、ブレーメンも負けてんじゃん。結局首位の変動はなし。残り試合はどこが厳しいとかあんまりないかな。ブレーメンはUEFAカップあるからそれが厳しいかも。いずれにしても取りこぼししなきゃシャルケか。得点王はボーフムのゲカスかな。しらんな〜こんな選手。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ〜、AZ無念

注目のオランダリーグ終わりました。
 
エクセルシオール3-2AZ
ヴィレム0-2アヤックス
PSV5-1フィテッセ
 
となりました。
ということは.....
優勝目前だったAZは3位。緊張してしまったんですかね。
で、優勝は土壇場で大勝したPSVに転がり込んだわけか。得失点差アヤックス+49でPSVが+50ってことかな。
にしても結局はPSVだったってことか.....。クーマンのクビも無事につながったと。
 
ま〜、フィテッセも手抜きし過ぎだろ。もうちょいちゃんとやってればアヤックスが優勝だったかもしれないわけで。それはそれで嬉しかったりする。結局PSVかってところがどうもつまらない。というか腑に落ちない。
別に嫌いなわけじゃないんだけどね、PSVを。
ただここまで落ちたんだったら、あえて最後にかすめ取ることないじゃんって気分。結果だけ見たら、劇的かどうかなんてわからないし、あ、なんだかんだでPSVが優勝したんかとしか思わないもんね。
 
しかし、PSV優勝おめでとう。来期もCLで暴れておくれよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

グランパス完敗...〜Jリーグ第八節

昨日焼き肉食べ放題で食べ過ぎました...。今日は一日中腹が膨れて気持ち悪かった。 
 
さて今週末のJを簡単に。
レイソル2-0グランパス
開幕前には誰も予測していなかったであろう上位対決でしたが、グランパスは完敗でした。なんだか先制されるとよろしくないようで。というか一点目のコーナーの処理は櫛野まずかったんでないの?雨降ってたにしてもボールに触れなかったら言い訳もできないでしょ。
やっぱ楢崎待望論続出だな、あれじゃあ。
 
トリニータ0-4ガンバ
トリニータは前節の5失点に引き続いての4失点。こりゃフロントがさわがしくなりそうです。
 
大宮1-2ヴァンフォーレ
ヴァンフォーレの調子が急上昇しています。あのナビスコでのグランパス戦連勝以来ですかね。
 
アルビレックス0-6マリノス
いやはや2試合続けての大量得点。こりゃのってきたかな。ちかぢかグランパス戦もありますが.....。
逆にアルビレックスがホームでこれだけの敗退をするとはちょっとオドロキ。
 
ジュビロ4-2サンフレッチェ
カレンロバートがのってきた感あり。こりゃ代表でも楽しみです。
 
アントラーズ0-1レッズ
アントラーズ、チャンスはあったみたいですが....。肝心なときに決めきれないんでしょうか。残念無念。せめてドローにはしておきたかったな。
 
Jリーグはこれからしばらくは3-4日に一試合というハードスケジュールです。
グランパスは5/3トリニータ、5/6ジュビロ、5/9アントラーズ、5/12マリノスと、いよいよ強豪チームとの対戦になってきます。しかもジュビロやマリノスは調子を上げてきてるし.....。やばいかも、です。
 
今日の注目はオランダリーグですね。AZが優勝を決められるのか?というところです。まあ途中まではPSV独走していましたけど、いつの間にかね。監督ファンハールなんだよな。思い出した。しかし忘れてはならないのが、前任者のコ・アドリアンセの与えた影響なんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日 (土)

期待とは逆のUEFAカップ〜ブレーメン終わった?

周りの友達の就職先が続々と決まりだした今日この頃。
やっぱりさすがにみんなの就職先が決まっていくと、ドクターに進学した自分にもなぜか妙な焦りがあったりもする。もっと自信を持って邁進せねば、と思いつつも気持ちが揺らぐね.....。
しっかり研究者ライフを歩んでいくんだという思いを持ち続けたいと思います。
 
さてさて、UEFAカップ準決勝1stレグの結果ですが....
エスパニョール3-0ブレーメン
うむむ、ブレーメンには失望。もっとやってくれるかと思ったのですが。まあとはいっても2ndレグで大逆転ていう可能性もないことはないし(前半戦の調子ならば)、わずかばかりの期待をしつつ2ndレグを応援。
 
オサスナ1-0セビージャ
こっちは嫌な予感が的中してしまった感じです。やっぱリーグの方に目移りするかぁ。とはいっても最少失点差だし、なんとかなるかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

期待通りの結果!?〜CL準決勝1stレグ

自宅のパソが故障してから、家にいてもすることがないので、反面研究が充実していたりするこの一週間。返ってよかったりして。
ほんとどれだけパソコンに依存してたかよくわかるね。なくなると。テレビの録画やらインターネットやらで。なかったら生活苦に陥るわ、てか陥ってる。
ちなみに大切なデータはバックアップ!今回の自分みたいにハードディスクの故障じゃデータ救出見込めないし。仮に治ったとしてもそこらあたりが若干ショック。

さて、準決勝1stレグおわりましたね。
ユナイテッド3-2ミラン
順当な結果だけれども、やや失点しすぎたかユナイテッド。ミランの二点目とか完全ザルでしょ。エブラかな、あれは。少し笑えたね。どんな連携の悪さやねんって。リオが戻ってこないことにはまたこのようなトラブル起きちゃうかもしれないしなあ。2ndレグは戻ってくるのかしら。
とはいえ、ルーニー&ロナウド、カカと役者がしっかり得点して試合としては申し分なし(?)。ユナイテッドは負けなきゃいいんだし、まだまだユナイテッドの方が底力はありそ。というかユナイテッドを信じたい気分。

チェルシー1-0リバポー
リバプール1点差以内の負け以上を期待してたけど、見事にその通りの結果に。アンフィールドでは強いし、これは心配ないんじゃないか。見たところどっちが有利ということもなくて五分五分ってとこかな。けど、チェルシーはゴール運がなんかないよなぁ、今シーズンは。この試合だって前半で試合決まっててもおかしくなかったし。

とゆうわけで、プレビューとかわらず、ユナイテッドvsリバポーの決勝を期待で。

ついでにAFCチャンピオンズリーグもちょこっとだけ。
フロンターレは我那ちゃんいなくても大丈夫でした(川崎フロンターレ3-0全南ドラゴンズ)。ま〜、ニンニクの静脈注射が引っかかっちゃったのはチームの規約確認不足だわな〜。ちょっとかわいそうだけども、とりあえず突破はほぼ確定だし、めでたしめでたし。
対してレッズ。ドローでした(上海申花0-0浦和レッズ)。残り2試合でアウェー一戦と、ホームでのシドニー戦か。シドニーも昔(というのはカズがいた頃)よりだいぶ強くなってるみたいだし、あなどれんな。実際アウェーで引き分けてるし。やや不安が残るけど......。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

CL準決勝プレビュー&UEFAカップも

もう研究室のなか虫がすごくてかなわん。あのちっさい虫ね。うざいったらありゃしない。髪の毛に絡まってそう。

今日明日とチャンピオンズリーグ準決勝1stレグです。

もう希望からいってしまうと、ユナイテッドとリバポーなわけですが......。
ちょっとデータを見ていてあれこれ考えてしまいました。

まずユナイテッド対ミラン。
ロナウドはもはや手がつけようのないくらい絶好調で、プレミアの最優秀選手賞も獲得したみたいです。そんなノリにのってるロナウド君ですが、シーズン終盤にきての疲れがでやしないかと心配です。先週もリーグ戦引き分けたし。
さらに不安をあおるのが現在CL得点王カカの存在です。カカがノッてしまったらユナイテッドはおそらく止められないだろうなあと。
ユナイテッドは1stレグは勝ちしかないかと思います。ドローだったら持っていかれちゃうんじゃないかなあ。

おつぎはチェルシーvsリバポー。
ドログバ対チェルシー守備陣てことになるんでしょうか?ドログバは以前よりはインパクト少なくなりましたが、それでもはじけちゃったときの彼の身体能力ははかりしれません。
対するリバポーはなんだかんだでここまでやってきました。特に誰が、という訳じゃないんでしょうけど。あえていうならジェラードなんでしょうか。

こんなわけわからない分析ですが、とにかくユナイテッド勝利&リバポー1点差以内の負け以上を期待します。

最後にUEFAカップも。
エスパニョールvsブレーメン
CL残り組ブレーメンはなんとかここまでやってきましたのでぜひとも決勝までいってほしい。ジエゴもここらで一花咲かせんものかね。
オサスナvsセビージャ
この試合は意外に難しい。セビージャはまたリーグ優勝の可能性がちらちらしてきたってことで、そっちに目移りしてそうだな〜。オサスナが1stレグを快勝しちゃう可能性もあったりなんかして。てことは決勝はブレーメンvsオサスナ??注目度低そ.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

なんだかんだでマテラッツィな一年〜祝!インテル優勝

自宅のバイオがぶっ飛びました....。五年間よくがんばってくれたんですが。

シエナ1-2インテル
さてさて、インテルが優勝を決めましたね。優勝するのはわかってたんですが、どう決まるかなと。インテルらしく、負けちゃったけど、他のチームも負けて優勝?なんてことも想定していたんですが。ローマも負けていましたけど。勝って優勝を決めたということでおめでとうございます。
この試合は2得点ともマテ様でありました。ワールドカップもよくも悪くもマテ様だったし、インテルの優勝にもしっかりと跡を残しましたね。ワールドカップとの二冠はマテラッツィだけか、と思いきやグロッソもインテル所属でした。

おつぎはプレミア。
ユナイテッド1-1ボロ
ビラ0-0チェルシー
あ〜、ユナイテッドドローかこりゃ痛いなぁって思ってたんですが、翌日チェルシーもお付き合い。結局差は縮まりませんでした。ラッキー。

あとはリーガを。もはや大混戦かな〜?
マドリー2-1バレンシア
あ、もうバレンシアは何やってんでしょうね。いかんいかん。これじゃあCL圏まじでやばい。

セビージャ4-1ビルバオ 
ビジャレアル2-0バルサ
上位二チームの結果はこうなりました。これで勝ち点差は1です。うぬぬ.....。とはいっても結局次節とかになれば、やっぱバルサか〜ってな展開になりそうな気がするんですけどね。どうなることやら。

最後に、セルチック優勝しました。いや〜、俊輔おめでとう。もうこれでスコットランドに思い残すことはない。3大リーグへの挑戦をぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

レイソル連敗~J第7節

残りの試合を。

あっ、そういえば岡島好投しましたね。初物ってことも手伝ったんでしょうけど。緊張感のあるマウンドでした。見てて結構しびれた。

エスパルス1-2アントラーズ
アントラーズは連勝かぁ。エスパルスはよかったんだけどねぇ。なかなか決められず。エスパルスが2点目を失ってからは、それまで好調だった攻撃陣もなりを潜めてしまいました。
アントラーズは柳沢2本のシュートで2得点と効率的な攻撃。野沢もうまかった。

エスパルスは交代で出てくる選手のインパクトが薄いなぁ。流れを変えるにはいたらないって感じかな。枝村は先発じゃなくて、途中出場のほうがいいんじゃないかなぁ。

ヴァンフォーレ3-2レイソル
レイソルが3失点?これまで堅守を誇ってたのに・・・。と思ったら、元グランパス・古賀が退場していました(^^ゞそれじゃあ仕方ないか。古賀が出られない試合(次節?)も苦戦しそうですね。
レイソルの一点目はビューティフルでした。

最後に。グランパスの得点シーンはなかなかキレイでしたね。ヨンセン・杉本の両フォワードがゴールしました。点とるべき人がとれば、そりゃ勝ちますよby山野ってことでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

フロンターレがレッズを止める~Jリーグ第7節

レッズ1-2フロンターレ
レッズホーム無敗記録25でストップ。今日はフロンターレよくがんばったなぁと。

前半はレッズ攻勢ムードでしたが川島が鳥人みたく好セーブ連発で相次ぐチャンスを防ぎきって前半は0-0。川島は今日の試合の流れを作ったといえるでしょうね。まぁ失点のシーンはちょっと接触を怖がってうまくパンチングできていなかったけれど(^^ゞそれ以外は完璧だった。名古屋から移籍して正解だね。今後の日本代表にとっても。まぁ返す返すもレンタルじゃなくて完全移籍しちゃったってのが残念だけど・・・。

前半しのいで後半勝負という作戦!?後半頭に都合よく点取れたのがよかったかと。まぁ先制点はボールへの執念が我名覇>>阿部だったってことでしょう。

2点目もややレッズの守備陣が全員珍しく足が止まってしまいました。マギヌンにはおそらく阿部ちゃんがつかなきゃいけなかったんだろうけどね。阿部はまだまだ調子がいいとはいえないなぁ。見方によっては、今日の2失点は阿部の責任てことになるし。今日の阿部ちゃんは攻撃参加も不発でした。
トゥーリオ不在だったというのも痛かった。なんだかんだでやっぱトゥーリオは必要だなぁ。

0-2から1-2へとすぐに失点してしまったので、またレッズの超人的な粘りでドローに持ち込まれるかと思いきやよく耐え抜いたなぁ。フロンターレは。これは自信につながるんじゃないかと。

あと、もう一個。

グランパス2-0ヴィッセル
とりあえず連敗脱出、グランパス。よかった。米山が復帰して守備陣多少なりとも改善されたんでしょうか。楢崎はまだみたいですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は注目の一戦!~Jリーグ

夜に見るつもりで、某レンタルショップでDVDをレンタルしたら、ディスクが入っていませんでした・・・・。どうしてそーなる?昨日は即寝。

今日はJリーグ注目の一戦。レッズ対フロンターレ@埼玉。しかもNHKで放送あり。Jの放映権をスカパーが獲ったわりには、いいカードを回してくれるもんですなぁ。

トゥーリオが出ないという情報ですが、あくまで信用しちゃいけない。レッズがホームだということで有利には変わりないけれど、ACL好調のフロンターレにはぜひとも頑張って欲しいね。レッズの独走態勢を作らせないためにも。今のレッズをとめられるチームのうちの一つだと思う(他だとガンバかグランパス?)。
とりあえず厄介なのはポンテかなぁ。

あとはエスパ対アントラーズもBSで放送あり。この試合はエスパルス有利だとは思うけれど・・・・。今シーズンのアントラーズはよく読めん。

グランパスはヴィッセルと@瑞穂。ヴィッセルは意外に健闘しているし、崩壊しかけているグランパス守備陣は耐え切れるかなぁ。やや心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

メッシに脱帽~マラドーナそっくり5人抜き

今日はセミナー発表の準備に若干追われ気味。目が疲れる~。

さてさてコパデルレイ準決勝第一戦。

結果は
バルサ5-2ヘタフェ
昨日見て“バルサ勝ったなぁ”程度にしか思ってなかったんですが、メッシのゴールを見てびびりました。うそ?まじで?って思いましたよ。

マラドーナ2世はこれまでに何人も生まれては消えていったけれど、メッシこそまさにマラドーナ2世だね。あのゴールは。5人抜きですよ5人抜き。マラドーナがワールドカップでやったやつね。映像見てたら、方向とか切れ込む角度とかまでそっくり。

中盤のサイドでキープ→やや中に切れ込みながら高速ドリブル→ゴール前でちょっと中央へ切れ込みディフェンス陣のど真ん中を抜いて右へ抜ける→キーパーまでもかわして右サイドからゴールへ流し込む。って流れ。大体。

ペナルティエリア入ってからのプレーはまさにマラドーナの5人抜きのそのままコピー。全体見てもちょっと違うのはゴールまで中央に切れ込むところくらい(マラドーナのゴールは右方向へ切れ込んでたかな)?いやいや参ったねぇ。しかもディフェンスのレベルは確実にアップしているだろうこのご時世にですよ。若いのにすごいねぇ。

バルサにしろアルゼンチンにしろメッシを王様的存在にすえてチーム作りして欲しいという思いは多くの人が抱くだろうけれど、そんな戦術は現代受けしないか・・・・。

いや~それにしてもすごい。脱帽です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月19日 (木)

そうか、インテルは初黒星なのか・・・~ミッドウィークのサッカー

巨人が始めたジーポっていうポイントシステムはどーなんでしょうか?巨人も必死!?

海外サッカーもいよいよ終盤にさしかかり、順延分のしわ寄せで試合連打です。カップ戦もあって強豪クラブは大変です・・・・。

プレミア
ユナイテッド2-0シェフィールドU
リバポー2-0ボロ
ウェストハム1-4チェルシー
上位3チームは順当な勝利。

セリエA
アスコリ2-5ミラン
なんだかんだでCL出場権は獲得できそうですね。終わってみれば。まだCLもあるし、悪かったわりには充実したシーズンてことになりそう。

インテル1-3ローマ
優勝決定は持ち越し。インテルは初黒星だったんですね。シーズン中盤までは無敗だな~って思ってたんですが、独走状態になってからあんまり気にしてなかった(^^ゞ多分モチベーションの問題でしょうね。負けても“まーいいや”という雰囲気なんでしょうか?通常ならジュゼッペメアッツァであっさり負けるなんてダメなことですから。独走しすぎだし・・・。

パルマ2-0フィオ
降格をなんとしても免れたいパルマが一矢報いたという結果になりました。フィオは中盤までの勢いならUEFA圏内まではいくかと思ったんですが、無理っぽい状況になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

1973年のピンボール~失うことの繰り返し

実験していたら、ありえないミスに気づきやる気が一気に減退したので、いつもよりも早めに切り上げました。また明日から気持ちを切り替えてやっていこう。

今日は読了した“1973年のピンボール”を。“アフターダーク”も買ってたんですが、ついつい短いほうに手が伸びてしまいまして・・・・・。

1973年のピンボール 1973年のピンボール

著者:村上 春樹
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ふむぅ、読了して真っ先に抱いた感想は、えらくさっぱりしてる、というか淡々としてるなぁってこと。

先日の風の歌を聴けに続き村上春樹2作目であったけれども、前作のような悪く言えば文章の寄せ集め的なものとは違って、話がまとめられていてわかりやすかったかな(“僕”と“鼠”の二部構成)。2作とも非常に似ているから(登場人物&舞台が同じだし)、読んでいるとついつい“風の歌を聴け”の世界と“1973年の・・・”の世界が頭の中でミックスされてしまって、ちょっと気を抜いたらいつの間にか話が飛んじゃってる自分に気づいたりもして・・・・。

表紙を見るとこれは3部作の2作目ということらしい。そうか、だから似ててもそんなに不思議もないわけか。そこらへんわかってなかった。初読では厳しいか・・・・。

“鼠”の話はなんか心にはあまり残らなかったけど(なんでかわからないけど、彼のような生き方が嫌いだから?)、“僕”の人生観はどこか自分にも通ずるものがあってわりと印象に残っている。

欲しいと思ったものは何でも必ず手に入れてきた。でも、何かを手に入れるたびに別の何かを踏みつけてきた。・・・(中略)・・・誰も信じないけれどこれは本当なんだ。三年ばかり前にそれに気づいた。そしてこう思った。もう何も欲しがるまいってね。(110ページ)

さらには、本作のメインである探していたピンボール〈スペースシップ〉との対話では、
ゲームはやらないの?と彼女が訊ねる。
やらない、と僕は答える。
何故?
165000、というのが僕のベスト。スコアだった。覚えてる?
覚えてるわ。私のベストスコアでもあったんだもの。
それを汚したくないんだ、と僕は言う。
(164ページ)

“僕”の過去を大事にはするけど固執はしないという姿勢、つまりは“今を生きる”姿勢、この姿勢に自分自身ひどく共感を覚えたんじゃないかと。

物語全体では、いろんなものが僕の周りから失われていく感に満ちていて、しかもその繰り返し繰り返しなわけで。

1973年9月、この小説はそこから始まる。それが入口だ。出口があればいいと思う。もしなければ、文章を書く意味なんて何もない。(26ページ)

最後まで読んでも、「出口」なんてどこにもないじゃん(^^ゞ

「またどこかで会おう」と僕は言った。
「またどこかで」と一人が言った。
「またどこかでね」ともう一人が言った。
(183ページ)

最後の最後の双子の女の子とのお別れのシーンですらこの有様。無限ループ状態!?

“未来なんてわからない、とりあえずは今を生きるんだ。そしてそこに運良く出口があればいいな”

こんなんでどうでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

いよいよバルサで決まった感じ?~週末のフットボール

月曜からなんか調子のいいで出しの一週間(^^♪
月9のプロポーズ大作戦そこそこ面白かった。あれってドラマオリジナルなのかな?

今週は、プレミアとリーガを。

プレミア
アーセナル2-1ボルトン
あ~、結局踏ん張ったか。これで4位以内決定だなぁ。ボルトンは無念。UEFAまわりか。

リーガ
ラシン2-1マドリー
マドリーは自滅。やっぱ今シーズンは不安定だな。

セルタ1-0デポル
よし、セルタ踏ん張った!なんとかして降格をまぬがれてほしいなぁ。

ビルバオ2-1エスパニョール
ビルバオもなんとかして踏ん張るのだ~。

バレンシア2-0セビージャ
バレンシアが勝ったのはうれしいけれど・・・・。セビージャここで失速か。2位から4位までは勝ち点差2で混戦模様。CL本選ストレートインをかけて残りゲームを戦うことになるのか・・・・。

バルサ1-0マジョルカ
ロスタイムの決勝オウンゴール。結局この勝利で、2位との勝ち点差は4にまでひらき、残りの対戦相手を見ると、ほぼ優勝決定ムードかなぁ。

ふむぅ、こうなると、注目はプレミア勢の争い(リーグもだし、CLもだし)ということになるか、今シーズンは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

ACL組好調~今日のJ

あ~、今日は久々に勉強に集中。頭は英語がぐるぐるしてる。

さてさて、今日のJ。

レイソル0-2レッズ
あ~、つえぇなぁ、レッズ。結局はワシントンか。うむ、まぁ仕方ない。ACLとの連戦だったけれど、やはり強いな。

フロンターレ2-1エスパルス
エスパルスは本当に無念・・・。エスパのサイドアタックはホント好きなんだけどね。あのバックパスはいただけない。健ちゃん無念(>_<)フロンターレもACLとの連戦で結果残したのはでかいなぁ。

大分0-0FC東京
ワンチョペ重っっ。

で、終わってみればグランパスはまだ4位に踏ん張りました。ふぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

ウェズレイ乗ってるなぁ~J第6節

一昨日は新歓で酔いつぶれ、昨日はバーで飲んで→ボーリング→ラーメンと二日続けて久々に息抜きしてしまいました(^^ゞ来週は忙しくなりそうです・・・・・。

さてさて、昨日のJを。

サンフレッチェ2-2ヴァンフォーレ
いやぁ、ウェズレイ&寿人の決定率はすごいね。この二人でしっかり仕事できてるなぁ。大きくはないけれど、スピードと瞬発力が違うよなぁ。Jのなかでもわりと釣り合いの取れてるツートップかな。あ、茂原のゴールも気持ちよかった。

アルビ2-1ガンバ
うむ~、アルビは強いなぁ、ホームで。ガンバは点取りに行って失点という悪いパターンでしたね。あんだけ攻めて取れないんだから、キーパーをほめるしかないのかな。

横浜FC0-1アントラーズ
カズ300試合出場を祝うことは出来ず・・・・。

今日はレイソルvsレッズ、フロンターレvsエスパと注目カードが連発です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

グランパス連敗か.....〜Jリーグ

グランパス0-1大宮
 
あぁ、連敗か。やっぱりディフェンス陣の怪我が痛いということになるかなあ。
これからどんどん降格してくんでしょうか?もう少ししたら強豪チームとの対戦もあるというのに。
大宮に初勝利をプレゼントするようでは....
楢崎が怪我してからチームも調子悪いなあ。となるとやっぱり楢崎は偉大だということになるね。
 
櫛野じゃ役不足だわ。キーパーとしてはジェフ時代から見てたから知ってるけど、結構危なっかしいGKだからね、彼は。ジェフ自体は強かったけど、櫛野がキーパーである限り優勝はできんだろうなあって感じてたし。
やはり、「いいサッカーはいいキーパーから」ってことなんでしょうかね。これはいっつも抱き続けている持論です。
 
あ〜、楢崎はやくもどってきてくれ〜。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年4月13日 (金)

読書の腕前~人間の土台は「読書」がつくる

騒音おばさんに実刑が確定しましたね(^^ゞ

ついさっきまで読んでいた本↓↓

読書の腕前 読書の腕前

著者:岡崎 武志
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

帯・表紙だけ見ていたら、なにやら著者の読書論てきなことが書かれてるかと思い、購入したんですが、やや趣は異なっていました。

第一章の“読書に対する姿勢”について書かれているところは至極当然だけれども、改めていわれると「なるほどな~」って考えさせられました。以下、その一部を抜粋。

本を読む時間がない、という人は多いが、ウソだね。その気になれば、ちょっとした時間のすき間を利用して、いくらでも読めるものなのである。・・・・(中略)・・・・要は、ほんとうに読みたいかどうか、なのだ。(34ページ)

「ツン読」にはちゃんと「読む」という文字が入っている。現物が部屋にあることで、いつも少しずつ「読まれている」のだ。・・・・(中略)・・・・「ツン読」を避けようとする者は、いつまで経っても「読書の腕前」はあがらない。(55ページ)

「チューニング」とは、その作者が築きあげた小説世界の中に、読み手がうまく波長を合わせながら踏み込み、同調していくということだ。・・・・いろいろなタイプの小説を読みなれている人と読みなれていない人とではここで差ができる。(59ページ)

とはいっても、よかったのは主に第一章と、あとは第三章の“増えていく本との戦い”で古本屋についての記述は興味深かったけど。
それ以外は、自分が求めていた内容とは違ったので軽く読み流しました。著者の読書体験とでもいうようなものはあんまり興味なかった・・・・。

あと、室井佑月のエッセイも読んでいました。よくテレビで見かけますが、書いたものを読むのは実は初めてで・・・・。
“戦う女性”的な路線で進んでいるのでしょうね。いつも強気な姉さん的な感がします。
本の内容というか文章もそんなことをしっかり感じさせてくれる面白いものでした。

特ダネでは、よく何か言おうとして言えないというシーンを目にしますが・・・・。遠慮してるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

全く何をやっとるんだ、バイエルン・・・・~チャンピオンズリーグ

今日は個人的な引越しの準備をしていました。三年間慣れ親しんだ環境ととうとうお別れのときです。少し悲。

さて、昨日のチャンピオンズリーグですが・・・

リバポー1-0PSV
まぁ、これはいいでしょう。クラウチが点とってました。この試合は第一戦で決していたし、大波乱もなく。

で、問題は↓↓

バイエルン0-2ミラン
えっ、正直結果を聞いて耳を疑いましたよ(^^ゞまぢで?どーしてそんなことになったの?情けないぞ~、バイエルン。こんな調子の悪そうなミランにホームであっけなく敗れるなんて。ピッポのゴールは“らしく”て素敵でしたが。
バイエルンの調子もほどほどだったってことなんでしょうかね。

てことは次は

チェルシー対リバポー
ユナイテッド対ミラン

か。今年はなんとなくユナイテッドを応援した気分。
で、昨日と同じくユナイテッド対リバポーがやっぱりみたい。で、そうしたらロナウドはバロンドール大チャンスじゃないかと。決勝いけば権利ありそ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

プレミア好調なCL~ユナイテッド派手にやったな

ソニーから新メモリースティックタイプのウォークマンEシリーズが発売になった模様。これは迷うなー。今もってるのはE-005だから、これを売って新しいの買えば数千円で手に入るけど・・・・。迷うなぁ。新ウォークマンは形がかっこいいし。

とまぁ、こんな話はこれくらいにして、昨日のCLです。

ユナイテッド7-1ローマ
いやいや、これには驚きました。いくら大差といってもこれほどまでに開くとはね。しかもこのQFでね。ちょいまえにモナコが8-3てのやったことあるけど、それとは同じCLにしても状況(ステージ)が違う。
まぁ、ローマはかなり恥ずかしい試合をしたということなのかな。負けが確定してからやる気が失せたのかわかりませんが。

バレンシア1-2チェルシー
残念、無念、バレンシア。試合後のインタビューを読む限りでは、実力差&チーム力の差がありすぎたのか。バレンシアはなんだかんだでここまで勝ち上がってきたけど、リーグではあんな調子だしね。そうは都合よくことは運ばないか・・・。
自分も昨日の記事にも書きましたが、リーグだけじゃなくてCLも無理だったと。なんか残念だけど、切り替えてCL圏内を死守してほしいものです。
そして、チェルシーはやはり底力ありといった印象を受けますね。結局は“結果は残す”それがモウリーニョのチェルシー。いやはや、見上げたものです。

これでSFはチェルシーvsリバポーは確定。またこのカードか。というか最近はプレミア勢が好調すぎて、同じカードが生じやすいのかな?
もう一つはユナイテッドvsバイエルンかな、これまたここ最近連発してるカードな気が(^^ゞ

こうなりゃ決勝はリバポーvsリバポーがいいな~。プレミアを古くから支えてきた両チームの決闘を見たい!

しかし、ここ最近のプレミア勢の好調を見ると、やはりリーグ経営&ファンってのは大きく影響を与えるものなんだなぁと実感。ということはJももっともっと盛り上げていかないと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンシア、サラゴサに並ばれる〜週末のフットボール

今日は久しぶりにpET systemとHis tag & Ni カラムの偉大さを実感した日でありました。どうやって開発したんだろうかといつもながらに思いました。

今週は、海外フットボールの更新を全く忘れていましたが・・・・。

もうだいぶ前だと思うので、ポイントだけ。というかリーガ&プレミアだけ。

リーガ
せっかくバルサが負けたのにもかかわらず、他チームも勝ち点を伸ばせず(つめたのはマドリーだけ)。気づいたら、バレンシアはサラゴサと並ばれてしまったか。どのチームもまだまだCL圏内すら安心とはいえないな。
あとは残念ながらバレンシアの優勝は100パーセントないね。最後まで応援していたいけどさ。負け数が多すぎ(^^ゞ

プレミア
アーセナルは調子悪いようで。どうしたのでしょうか。下からはボルトンが近づいてきています。頑張るのだ、ボルトン。

とまぁ軽くこんな感じで。

今日はCLです。どうなることやら・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

スタージョンワールド~一角獣・多角獣

昨日はメタボリック・老化のワークショップに参加しました。奥深い話もあり勉強になりました。

↓↓は移動中に読了した本です。この後、また追加していくつか本を買いました。またいずれ。

一角獣・多角獣 一角獣・多角獣

著者:シオドア スタージョン
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近、何故かスタージョンブームで(自分もだし、本もよく出版されてる)、なかなかの数の本を読みました。この本はそのしめくくりとしてこの本をチョイス。
もともとこの本は絶版&入手困難な本として存在は知っていたけれど、このたびめでたく復刻されて読むことが出来ました。10本の短編を収録。
前に読んだ本と重複する話もあったけど、それらも勿論面白く読めた。

ホントに読んでいて、“こんな想像どっから湧いてくるんだろう?”って何度思ったことか。まさにスタージョンワールドに浸かっていたという気分でした。好き嫌いがくっきり分かれそうな作家ではあるけど、わかりやすい&ノーマルからはちょっと外れたSF(異常って意味じゃないけど)で、サイコスリラーっぽいのもあるし、ダークホラーっぽいものなど作風も多岐に渡っているという印象。

死ね、名演奏家、死ね(『輝く断片』に“マエストロを殺せ”として収録)
監獄ともだち

この2篇が本短編集ではより自分を夢中にさせたかな。切れ味鋭い作品で、読むスピードがページを繰るごとにどんどん加速していってしまいました。オチもばっちり。

あとは『海を失った男』が積読されています。いつか読まなきゃ。
スタージョンの他のお勧め短編は“高額保険”(『不思議のひと触れ』)かな。短いストーリーながらも、話の起承転結の持っていき方がまさにスタージョンと感じさせる短編だと自分は思っています。

そんなわけでスタージョンお勧めの本は↓↓です。

不思議のひと触れ 不思議のひと触れ

著者:シオドア・スタージョン
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

ただ、君を愛してる~あこがれちゃうな、あんなの

Photo_2先日はお花見にいったんですが、途中から雨に降られてタイヘンでした。
右の写真はそん時に撮った一枚です。散った桜の花びらとともに水にうくコリラックマ・・・・。

今日は、やっとのことで“ただ、君を愛してる”を見ることが出来た。玉木宏、宮崎あおい、が主役。サブキャラも黒木メイサ、小出恵介クン(前の映画に続き宮崎あおいと共演)と充実。

宮崎あおいはなんかすごく素朴なところが毎回毎回いいよなぁ。あこがれるね(^^♪
今回は若干天然キャラプラスで。鼻をすするとこなんかもこれまたそそられた~(^^ゞ

あとは写真家だってのも宮崎あおいにマッチしてるな~。カメラ好きってのは有名だし(少なくとも俺の中では)。普段、一眼レフ愛用してるとか。

映画の中で記憶に残った黒木メイサのセリフ
瀬川君(玉木宏)がじゃなくて、瀬川君と結ばれる誰かが(かわいそう)。瀬川君は一人分の幸せを持ってるの。その幸せを待ち受けてる女の子がこの世界のどこかにいるの。瀬川君が持ってる幸せをその子にちゃんと渡してあげなきゃ。

な、な、なんとポジティンブシンキング。こんな考え方できたらいいな~。

最後は、“今のキスに少しは愛はあったかな?”に始まる悲しげな終わりではあったけど。
あんな一枚は撮れんよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

グランパス連勝ストップ・・・・~J第4節

今日は不安定な天気でしたが(^^ゞ

グランパス2-3サンフレッチェ
とうとう負けてしまった。うむむ・・・・。後半はペースをつかめなかったのかな。ちょっと残念な敗戦。途中までは勝ちゲームの雰囲気だったのではないかと。うーん。
しかしウェズレイはあいかわらず点取るな。しっかり恩返しされたか。
藤田と金の退場が次節に響くのがつらいところです。相手は未だ勝利ナシの大宮ですが。不安です。

ガンバ2-2フロンターレ
ガンバドローで、全勝チームは消えました。谷口のループはよかった。若干、ファンタジーを感じたね。

マリノス0-2レイソル
そんななかとうとうレイソルが首位に立ってしまいました。リーグは長期戦なので、結果に直結するとは思わないけど、昇格チームに一位を明け渡すとは。他のチーム情けないぞ・・・・。4/15に対レッズ戦。ここで本当の力が問われるといったところかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

入学式.....

今日は入学式!といっても今更って感じだけどね。博士課程の入学式ってね。なんか変な感じ。
式開始一分前にぎりぎり滑り込み、セーフ!はあはあ息をつく暇もなく式は始まり、学長の大変ためになる話(!)を聞いて、式は速攻で終了。
 
入学式なんて、といいつつも大学のシンボルの前で写真とったりなんかして(^-^;
ほんといまさらかよっ。何年大学いるんだって話ですが。
 
そのあと近くのカフェに行きコーヒーを飲む。と、これがなかなかおいしいかった。意外にも。
で、コーヒー豆を買ってしまいました。
 
さてさて、昨日のUEFAカップは相変わらずスペイン勢好調維持ということでいいのでしょうか?正直チームの力の差がわからんし、どっちが有利なのかもわからんし。
そんななかAZとブレーメンは0-0ドロー。もしかしたら、これが一番面白いカードなのかも。セカンドレグはどうなるのでしょうか?ちょっと楽しみ。ブレーメンにちょっと分があるような気もするけど、ファンハールマジック(?)も捨てがたしといった感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きたかなー、バレンシア~CLQF第二日

明日入学式だ・・・・。あ~だるい。けどいかなきゃな。学生証もらえないし(>_<)

ラボの引越し準備でクタクタっすわ。しかし、ま~よくもいろんなものが出てくるもんだ。ほとんどいらんもんばっか。ここぞとばかりに捨てまくり。( ̄▽ ̄)V いえーい!
それでもまだ捨てられないものがあるみたいで・・・・。捨てられない性格ってのは直らんもんですな。

ローマ2-1ユナイテッド
スコールズ退場というのもありつつもアウェイゴールとって、しかも一点差負けってのはユナイテッド有利に働くんじゃないかな~。まぁ1-0で勝つようなチームじゃないけど、2点差つければ問題ないし。

チェルシー1-1バレンシア
さてさて注目の一戦ですが・・・。結果からいったら、奇跡的な結果かな、なんて。
まず、シルバのミドルは半端なかった(^^ゞあれはそうはうてんぜ。あとは堅守堅守で守り抜き1失点でこらえたんだから、でかい。
ビセンテ怪我しちゃったのは残念(しかも今期絶望らしい)。しかしビセンテはよく怪我するなぁ。第二戦にはモリエンテス復帰する予定だし、他のところでカバーしてほしいな。勝つか、0-0ドローか。バレンシアなら0-0ドローはありえるかもなぁ。
これでリバプールvsバレンシアの実現に向けて一歩近づいた!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

派手にやったねリバポー~CL・QF第一日

昨日のCLは順当な結果になりましたが、もはや第二戦を戦わずしてほぼ結果が決定してしまったような。

ミラン2-2バイエルン
ぎりぎりでバイエルン追いついて、こりゃこの前のマドリー戦と同じような展開ではないの?ま~、正直言うとね、ミランはよく頑張ったよ。今シーズンは調子悪いし、リーグでもぐだぐだだし。CL圏内すら危ういし。
そういう意味ではもしかしたら、もしかして、第二戦に勝って、優勝までいって、前のリバポーみたいになるんだろうかね。可能性は低いだろうけど・・・・。

PSV0-3リバポー
いやいや、まぁリバポが勝つとは思ってたけど、もう決してしまうとはね。これでリバポ負けたらそれこそ恥だけど。
とりあえず、あっぱれ!!といったところです。

今日はバレンシア対チェルシー。注目です。勝者がリバポと対戦になるわけだ。うーん、楽しみ(^^♪がんばれ~、バレンシア。モリエンテスいないけど(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

クラウチがハットトリック!?~週末のフットボール

今日から本格的に新学期始動です。心機一転(のつもり)でがんばろ。

さてさて、今週のメインはプレミアですが、その前にリーガをすこし。

上位陣はそろって勝って変動なしでした。バルセロナのゴールは遊んでいるみたいな余裕すら感じました。で、注目は・・・・

ラシン5-4ビルバオ
おいおい、これってサッカーのスコアじゃねぇ。ってのもあるけど、ビルバオがんばりきれなかったかぁ。4点もとりゃ普通勝つだろ~よ。
バスク2チームとも降格ってのは避けてほしいな(もうソシエダは黄色信号)。レバンテとビルバオで残り一つの降格枠を争うことになるんだろうか。

で、プレミア。まずは、上位2チームから。

ユナイテッド4-1ブラックバーン
今シーズンのユナイテッドはロナウドやらルーニーやらがどうしても騒がれがちですが、やっぱベテランの活躍ってのは見逃せないな。ほんと若手とベテランがうまく融合してるって感じ。ラーションはいなくなったけれど、スールーシャールも復帰したし、スコールズもまだまだいけるし、ギグスだっているし。

ワトフォード0-1チェルシ
あ~、チェルシーしぶとい(^^ゞあそこまで粘ったんなら最後あんな簡単にシェフチェンコフリーにするなよ~~。あのシーンではあえて点を取りにいこうとしたんだろうか、ワトフォードは。これは作戦ミス・・・・。あれっあれっって間にインターセプトされて、クロス→ゴールだからね。ふぅぅぅ。まだまだ勝ち点差6は変動なし。

最後に今日のメイン。

リバポー4-1アーセナル
いやいや、派手にやりましたね。アーセナルはアンリ抜けちゃってるのがやっぱり痛い。アデバイヨールも悪くないけどさ、どうしても攻撃がワンパターンになるもんね。
それにしてもクラウチは勢いに乗ってた。ここ2、3年でほんとに成長したなぁとは思う。けれども、この試合のハットトリックでもシーズン9得点ってのはちょっといただけないか。まだまだ代表FWを背負わせるのにはちと早いか。少しアーセナルの守備がザルだったのもありで。

今週はCL準々決勝。プレミア勢の攻勢は続くんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

グランパス破竹の4連勝~J第4節

今日は、宮崎あおい主演の“ただ、君だけを愛してる”を見ようかと思いきやレンタル中だったので、あきらめて“UDON”を見た。ユースケと小西真奈美(この頃はまだ長髪)主演。

なかなか序盤(UDONブームが起こってる時)は面白かったけどね。別に後半の流れはそんなに要らないんじゃないかって思った。もうちょっと短くてもって。ま~、けどあれがなきゃ映画にはならんか。
個人的には、ギャグ要素満載の前半部がツボでした。キャプテンUDONとか。チョイ役ででてるキャストも結構リッチだし。とくダネまで出てきた時は“小倉さん、よう仕事するなぁ”って。
踊る大捜査線の流れをくんで、フジが協力してるってことなのかな。そこらへんの詳しいことはよくわかりませんが(^^ゞ

==========================================================================

とまぁ、これくらいにして本題へ。今日のJですが・・・・。

横浜FC1-2グランパス
グランパス今日も勝って首位堅持。こんなに調子のいいスタートって過去にあったかな?まぁ序盤戦よくて後半ずるずるってのはたまにあったけど(^^ゞ
試合内容は全く知らないけれど、とにかく結果結果。結果が大事。ナビスコの悪い流れを引きずらなくてよかったぁ。

いやいや、ホントにファンもびっくりの好スタートです。まだまだ連勝街道突き進むぞー!後でハイライトチェックしよ。

今日はレッズがドローでした。阿部が2得点ってのはどういうことなんだろうか?チームになじんできたってこと?けど引き分けじゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のJ~祝!ウェズレイ100ゴール

今日のJリーグですが、まず注目どころは

ガンバ4連勝ジェフ・アントラーズいまだ勝ち星なし

という結果になりました。

それ以外ではなんといってもウェズレイ100ゴール到達でしょう。グランパス時代にはお世話になりましたね、ウェズレイには。監督との確執で出て行ってしまったのが残念ではありますが。
グランパス時代に荒稼ぎして、サンフレッチェに復帰後もゴールを重ね、なんとJ最速での100ゴール到達です。今年は藤田の100ゴールも見られるのではないかと期待していますが、どうなるんでしょうか?

“代表では泣かず飛ばずだけど、チームではそこそこ調子のよさげなカレンのゴール”と“マグノアウベスのピンポイントクロスからのシュート”が今日のビューティフルゴールでした(^^♪
ファボンのど派手なFKはすげ~けど、まぁそれまでということで。

さてさて明日は横浜FC対グランパスの一戦。グランパスにとっては4連勝をかけての試合になりますが、Jでの調子を取り戻せば問題はないのではないかと。ナビスコの流れを引きずると、嫌な気もしますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »