« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の16件の記事

2009年5月28日 (木)

バルサがユナイテッドの連覇を阻止!

今日は朝起きてみましたよ。半分だけ。

バルセロナ2-0ユナイテッド
なかなかいい出だしだなぁとか思ってたら、いきなりエトーに決められて(起きたばかりでしっかり見てなかったから、なんかいきなりって感じ)。

そのあとはなんかユナイテッドはもう負けムードみたいな感じがしました(自分がそう思ったからそう見えたのかな?)。

ユナイテッドが先制して、バルサが追いかけるって展開の方が面白かっただろうなぁ。

 

とまぁ、上記のように思いながら、ハーフタイムで気を失いました。

 

朝のニュースをチェックすると2-0でバルサが勝ったんですね。
メッシの追加点で。

メッシはCL得点王にもなったし、バルサも3冠だし、もうバロンドールは決定ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

プレミアリーグ、降格争い回顧~ニューカッスルやっちゃった

明日はCL決勝かぁ。
その前には、日本代表の親善試合もありますね、一応。

で、話は変わって、プレミアリーグの話題を。

というのも、ニューカッスルが降格しちゃったから。

6、7年前は上位進出してたのになぁ。

ま、今年も降格するよなメンツじゃなかったけどね。

 

シアラーの神通力もかなわず・・・・・。
来年ニューカッスルはメンバーどうなるんでしょ。オーウェン残留したりするのかな!?

  

ついでにボロも降格しましたね。何年ぶりなんでしょうか。

 

前半戦、大旋風を巻き起こしていたハルシティはかなりきわどいラインでぎりぎりセーフ。
やっぱりJでも山形なんかはまだまだ安心できないねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

ジュビロに敗戦~中断期間へ・・・・

うむむ・・・・・。

ジュビロ2-1グランパス
中断前の一戦、勝利で飾れませんでした。

ジュビロはまだまだ調子安定してない感じがしたし、勝っておきたかったなぁ。

 

試合後の監督コメントはそんなに悪い内容じゃなかったとのことでしたけど。
小川の退場は、まぁ1枚もらってる中で、あのファールなら、まぁ、退場しても仕方ないかもなぁ。
ちょっとかわいそうだけど。

ある意味小川の退場でもたついた間に2失点てことだから、もったいなかったといえばそうなるけどね。

一試合少なくて、七位で中断期間へってことだから、そんなにわるくないよね。
後半の巻き返しに期待しましょう。

 

あとは・・・・。

大分10連敗て。
せめて引き分けるとかすらないのか・・・・。
ドロ沼です。
こーゆー時に限って、ナビスコで調子よかったりしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

雨月@藤沢周

こちらはちょっと妖しげなサスペンスです。

雨月 (光文社文庫) 雨月 (光文社文庫)

著者:藤沢 周
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

藤沢周、読むのは初めてです。

まぁ物語読んでしまえば、そこそこのサスペンスなのですが、舞台がラブホテルなのが面白いかと(しかも昭和に建てられたもの)。
で、主人公はそのラブホテルの清掃係・崎(男)。

元々は観光商事に勤めていたんだけれど、ラブホテルの清掃係に左遷されたんです、崎は。
そんなのあるの?って思ったけど、まぁ腐らずに清掃係やってるわけです。

ところがこのラブホテル、実はとんでもないことが裏で行われていたんです。

崎の友人に頼まれて、謎の多い女を泊めたことから、その裏で行われたことが次第に明らかになってきて・・・・・。

 

それぞれの話は特に驚くことはないけれど、舞台設定にやられたという感じでしょうか。

サスペンス好きなら読んで損はないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美丘@石田衣良~好きってのはどういうこと??

美丘 (角川文庫) 美丘 (角川文庫)

著者:石田 衣良
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

石田衣良の作品読むのははじめてかもなぁ。
カバーはちょっと刺激的な絵ですが、内容は全然そんなことないです。

むしろちょっと重いです。

主人公・太一。
太一は読んでてちょっとイライラするほどの情けない大学生です。

美丘は太一の前に突然現れた超がつく問題児。
太一は美丘に心惹かれつつも、同じグループの大学準ミス・麻里と付き合うことに(しかも流れで)・・・。

ほんと物語の中盤までは太一はダメ男だなぁと思いながら読んでたんですが、麻里に『美丘が好きだ』と打ち明けて、麻里と別れて美丘と付き合うようになったところあたりから、太一をだんだん見直しました。

もう最後が近づくにつれて、太一君のことを応援してましたね。

実は、美丘はヤコブ病(プリオン病の一つ)にかかっていたんです。
その描写(発症後の)が結構リアルっぽく、それを必死で支える太一に感動してしまいました。

物語は美丘が亡くなったあとの、太一の回想として書かれているんですね。
だから物語始まった時点で美丘がいないことはわかるんですけどね。

単純に好きというのはどういうことなのか、それが痛いほどわかる本です。
お悩みの方一読オススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ、腐女子は男尊女卑なのか?・・・・アフタヌーン新書

腐女子?
なんだそれは。
ってことで手にとりました。 

なぜ、腐女子は男尊女卑なのか? オタクの恋愛とセックス事情 [本] なぜ、腐女子は男尊女卑なのか? オタクの恋愛とセックス事情 [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する
 

漫画雑誌アフタヌーンが新たにたちあげた新書シリーズの第一弾です(そのことはあとで知った)。

腐女子とは何か、とか腐女子の恋愛事情とかまぁ簡単に言ったらそんなことが書かれています。

自分は腐女子という言葉にほとんどなじみがなかったのだけれど、かなりポピュラーな言葉なのですね。
単なるオタク女子とは違って、オタクをちょっと隠してる女子といったところでしょうか。

で、読んだ感想は・・・・。

はっきりいって読む価値ないです・・・。

タダの悪口本です。
「腐女子シンジケート」というのが著者になってるんだけど、自分たちの名前を隠して著名人を名指しorそれとなくわかる形で批判するってのはレベルが低すぎる。
あと、一般人にはよくわからない専門用語っぽいのがたくさん出てくるんですが、注釈つけてほしいよね。

これが新書の第一弾かぁ。
たぶんアフタヌーン新書はもう買わないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない@桜庭一樹

ひさびさに本をUP。 

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫) 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

桜庭さん2冊目です。
前回読んだ推定少女は悪い感じではなかったので、もう一冊。

お金という「実弾」を手に入れて、直接世の中と戦いたい主人公・なぎさ。
そんななぎさのもとにやってきた不思議な転校生・海野藻屑。
藻屑が打つのは全く威力のない砂糖菓子の弾丸だ。
二人は次第に親しくなり、なぎさは藻屑が父から暴力をうけていることを知る。
ある日、藻屑がいなくなって・・・・・。

みたいな話です。
なぎさも藻屑もそれぞれの方法で大人たちとたたかおうとしています。
なぎさはそこそこどこにいてもおかしくない感じするなぁ。
一方の藻屑の状況は結構切実。つらいよね。
 
オープニングの時点でエンディングはほぼ明らかにされているんですが、読んでいて全く飽きない。

というか、不思議な登場人物・藻屑のおかげ(orせい)で全く先が読めなかったです、自分は。

ダークファンタジー系統が好みの範疇に入っていればわりとしっくり来ると思います。

続きを読む "砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない@桜庭一樹"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

グランパス、若手中心のメンバーで北京と引分け

あ~、だるい。

北京国安1-1グランパス
グランパスは巻、花井、山口、麻也、以外は、少しor全くJでの出場経験のないメンバーばかり。
対する北京も予選敗退が決定していて、完全な消化試合だったわけですが、まぁグランパスは引き分けられたので、若手にはいい経験になったと思います。

 

思えば、初出場で予選突破ですからね。
決勝Tでも暴れてほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

あ~、フロンターレやっちまった・・・・~グランパスはブルーウィングスと

今週が引越しの山場。
とにかく立ちっ放しでつかれる・・・・。
 
フロンターレ0-2浦項

決勝T進出を決めていたフロンターレでしたが、最終節で敗れて2位。
次はガンバ大阪と、ということになってしまいました。

ガンバよりは、他のチーム(韓国or中国)とやったほうが分はよかったんでしょうけどね。

ガンバとフロンターレの力の差は、現在ほとんどないように思うけど、やっぱりねぇ。
Jチームが1チーム消えることが確定したわけで、もったいないです。

====================================================================

それから、前節までの時点で99パーセント確定していたグランパスの決勝Tの相手ですが、やはりブルーウィングスに決まりました。

ブルーウィングスにはイウンジェ、元グラのアンヨンハ、それからイチョンスなどなどのメンバーがそろっております。
今のグランパスにとってはやや格上かなぁ、くらいの相手かな。

ホームだし、グランパスにとって相手に不足はないというところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

グランパス、ドローに持ち込む~負けなかったことが大きいかな~

久しぶりの更新!
ラボがばたばたで更新怠けてしまいました。
 
週末は久しぶりに実家に帰ってました。
ラボの引越しで実験できないしね。

グランパス1-1アルディージャ
下位チームにドロー。

ホームだし、多くのサポは勝利を期待してたはず。

結果からしたら残念ではあるけど、まぁ最後に追いついて勝ち点稼げたのだからまぁいいかと。
監督の試合後コメントはそんなこと言ってましたね。
怪我人多いし。

ここでダヴィ怪我したらやばいけど・・・・・。

これで中断までは、ミッドウィークの北京戦と、ウィークエンドのジュビロ戦(アウェイ)です。

北京戦はまぁ若手を試して、ジュビロ戦はなんとしても勝ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

グランパス、アウェイでヴィッセルとドロー~7連戦負け無し

暑かったなぁ。
週末。

実験は適度に本腰入れてやってました。

ヴィッセル2-2グランパス
BSでやってたのに、見逃してしまいました(^^ゞ

逆転されたあと、終了間際のゴールでドローに持ち込みました。
これは価値あるドローなんではないでしょうか。

まぁ、キムナミルのあまりに綺麗なOGありましたけどね・・・・・。

 

グランパスのゴールシーンだけ見たら、まぁドローでよくやった、という感じなんじゃないでしょうか。
最後の津田の得点もパワープレーだしね。

 

なにはともあれ、7連戦は結局5勝2分けと負け無しです。
これは立派。

Jでの順位もしっかりキープできてるし、ACLの1位突破も決めたし。

一週間休んでつぎのアルディージャ戦、しっかり勝ってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月 9日 (土)

決勝はユナイテッドvsバルサ~期待のカード

CLの決勝カードが決まりましたね。

ユナイテッドvsバルセロナ

です。
ベスト4が出揃った時に多くの人が期待したカードでしょう。
かくいう私もその一人です。

ユナイテッドはアーセナルに完勝、バルサは判定に問題はあったかもしれないけれどチェルシーを破りました。
(余談ですが、ドログバはあの暴言はきまくりで、なんらかの処分はないんでしょうかね?)

ユナイテッドのCL連覇という偉業の可能性の方がバルサ制覇よりも高いかなぁ。

正直言ってどっちが勝っても納得の結果なんで、とにかく27日はいいゲームを期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

グランパス、1位での予選突破きめた~~ACL

今日から再始動。
 
グランパス4-1ウルサン

なぜかネット中継がチェックできず、文字情報だけでちょくちょくチェックしてました。

終わってみれば快勝でした。
小川大活躍!!

ハイライト見ましたが、巻弟のゴールとアシストも
よかったですね。
打点が高い。

これで予選突破&一位通過を決めました。

 

数年前まで日本勢が決勝Tに進出するのすら難しかったのに、今年はJ4チームとも決勝Tへ。(まぁ、今年は2位まで通過できるようになったからね。)
しかもグランパスは初挑戦でいきなり決勝Tです。

まぁ、これにはJがACLに力を入れるようになったというのもあるし、Jのレベルが他リーグよりも相対的に上昇したというのがあるんでしょうね。

グランパスの決勝Tの相手は、グループGの2位通過チーム。
中国か韓国のチームですね。
いずれにしても。

あとは、最後の北京国安戦が流せるというのがよかったです。
若手をばーっと試してほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

レッズ、勝負強いわ~&トリニータ7連敗

今日は大学停電でグータラな一日。
こんな風でも一日過ぎていくんだなぁ、と。
 
レイソル2-3レッズ

ネット中継見ていました。
レッズは雨のせいか、思うようなサッカーが出来てませんでしたね。

エジミウソンも結構イライラ溜まってました。古賀を中心にレイソルはよく対応してたと思います。

レイソルがリードして、レイソル優位のままずーっと展開してたんですけどね。
あの時間帯にあと1点とれてればねぇ。レイソルは。

まぁそんな時でも強いチームはセットプレーでなんとかしますよね。
ほんと。

そのあとは一気に勝ち越しまでつなげたわけで。

前節のロスタイム弾といい、内容がすごくよいというわけではないながらも終わってみれば勝つってのが「今のレッズのってるな~」と感じさせます。

 

他のゲームも。
アルビレックス3-3ジュビロ
これもネット中継で少し見てた。
点がよく入って見てた人は面白かっただろうね。
最後はネット中継の回線がきれちゃってPKが見られなかったんですけどね・・・・・。
ジュビロはやっぱりいい方向に向かっていますね。

アルディージャ3-0トリニータ
どうした、トリニータ。
これで7連敗。
前年好成績のあとの失墜。
なんかセレッソを思い出すねぇ(ぎりぎりで優勝を逃したあと、降格・・・・)。

いい成績残したせいで、(ちょっと調子に乗っちゃって)チームプレーが少し出来なくなっちゃったんかなぁ。
今年は守備が崩壊してますもんね。10試合で17失点だもんなぁ。

しかも連戦で連敗だと負け癖ついちゃってどーにも、こーにも。

とりあえず早く休みがほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

グランパス、アウェイでサンガを下す~次は蔚山戦

GWの半分、しっかり遊んでました。
残りは実験。

サンガ0-1グランパス
西京極だったので、都合つけば見に行きたかったんですけど・・・・。

シュート2本はたったの二本。
ただ試合はそこそこグランパスペースで進められていたようです。

やや守りに重点を置いた戦いだったのでしょうかね。
連戦が続く中、しかもアウェイだしね。

しかしこれでACLも含む7連戦は5試合終わって4勝1分けです。

うむ。
失点も少ないし、かなりいいんじゃないでしょうか。

次のACLはウルサンに勝って、決勝T進出を決めてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

GW〜新型インフルエンザはほんとに大流行するの?

あ〜、ようやく明日から休みです。
とりあえず。
すこし実験も光が射しつつあるところで、ややテンション上がり気味で休み突入です。
 
 
巷じゃ、豚インフルエンザが騒がれてますが、もう多分日本に絶対侵入してると思うだけどね。来ん人的には。
 
水際対策がどーだこーだといってるけど、すり抜けた人絶対いると思うんだな〜。
 
未だに正確なことが判明してない高校生の女の子だって、飛行機に乗ってた半径2メートル以内の人しか隔離してない訳でしょ。
じゃあ、他の人はどうしたんだって。
もう日本中に広がってますよね(仮にその女の子が新型インフルエンザにかかっていた場合)。
 
大流行するのか弱体化していくのかすら未だわからないですけど、電車乗るときはマスクした方がいいのかな〜。
 
 
て、いまニュース見たら、高校生の女の子は新型じゃなかったって。は〜、やれやれ。
よかったよかった。
 
それにしても検査に時間かかり過ぎ......。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »