« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の19件の記事

2010年1月30日 (土)

一瞬の風になれ@佐藤多佳子

今日は、朝っぱらからフルマラソン前、最後のロング走をした。
なかなかいい感じです。

一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫) 一瞬の風になれ 第一部 -イチニツイテ- (講談社文庫)

著者:佐藤 多佳子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

全3巻。
3年ほど前に本屋大賞を獲って話題になった時に、2巻の途中まで立ち読みしたけど、それで途絶えてしまっていた。
陸上部時代の人から薦められてたんだよね。

古本屋で3冊まとめて安く売ってたので、この機会に購入して読みました。

短距離(ショートスプリント)がメインのストーリー。

自分が陸上やってたのもあって、いろいろと共感できるところもありました。
個人種目よりもリレー(4継)にスポットが当てられてました。

自分は4継ではなくマイルだったけどね。
それでものめり込むように読んでしまいました。

ただねぇ、終わり方がちょっと・・・・です。
えらい中途半端なところで書くのやめちゃったって印象です。

主人公の恋の行方だってどうなったんかなぁ。

途中まではよかったけど、最後があかんので、まぁ陸上やってた人にはオススメだけど、それ以外の人は別に読まんでもいいと思います。

陸上ネタなら『風が強く吹いている』(三浦しをん)のほうがオススメかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

新釈走れメロス@森見登美彦

昨日の夜ランで初の月間100キロ越え。
これでようやくフルマラソンのための最低限の練習がやっと出来た感じになった。
これまではレース前で80キロくらいがMaxだったからね。

今日はコチラ↓。

新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1) 新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)

著者:森見 登美彦
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

名作を京都を舞台にアレンジしたものです。
森見ワールド全開です。

ただ、自分が原作を知らない話があって、それはよくわからんかったなぁ(「藪の中」と「桜の森の満開の下」)。

ベストは表題作の「走れメロス」でしょうかね。
すごくスピード感あって楽しかったです。
まぁ京都の地理がわかってるというのもあるでしょうね。
あ、あそこね、とかわかると面白い。
京都をあまり知らない人が読んで楽しめるかというと、・・・・・ですね。

森見登美彦は結構読んで、まぁ毎度登場人物がパターン化してるので、ちょっと飽きてきたような気もするけど・・・・。
詭弁論部とかさ。
映画サークルとか。

それでも面白いから読んでしまうのだけどdespair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

修学院離宮の参観許可書やっと届く@ちょっと遅くないかなぁ

今週やってる実験がうまくいくとなにやら良さげな雰囲気。
うまくいくかしら?
 
で、今日、タイトルの通り、修学院離宮の参観許可書が届きました。
 
宮内庁宛に申し込みの往復はがきを書いて.....という結構めんどくさいやつですhappy02
京都だと、御所、桂離宮、修学院離宮で必要ですね。
あとは、宮内庁管轄ではない(たぶん)けど苔寺も必要です。
 
4月の拝観のはがきを今月初めに出したんですがね、届いたのが今日27日。
申し込みが多いと拝観できるかが抽選になるみたいなんで、どうかなぁ、と心待ちにしていたのです(前に一度外れた経験あり)。
 
扱いが悠長ですなぁ。
しかもはがきには許可日:1/14て書いてあるのに....。
 
まぁ、いずれにしても拝観できることになったので楽しみです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

昨日の都道府県対抗駅伝~注目は柏原

昨日書くの忘れていましたが、都道府県対抗駅伝(男子)を見たんです。

注目はやっぱり柏原の走りがどんなもんかってところだったんですかね。

もちろん早いけど、平地で距離が短いと持ち味は発揮しづらいようですね。
それでも区間トップとほとんど変わらないタイムでリレーしてたのでさすがだとは思います。

とはいえ、箱根では5区を任せるでしょうね。

あれだけのタイム差をつけられるのは魅力的過ぎる・・・・。

愛知県は10位でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

ニトリへ~おねだんいじょう?

昨日のランの疲れがやや残ってます。
今日は軽くジョグ。

六地蔵にニトリが出来たというので(知らなかった・・・・)、行ってきました。

個人的に行くのは初めてです。今更ですが・・・。

『お値段以上、ニトリ~』のCMでおなじみですね。

見た感じ、
ちっこいものは100均に毛がはえたような感じですかね。
キッチン系統の小物ややちょっとした収納用具なんかね。

ちょいとしゃれた食器棚やベッドなどの系統は、値段もそこそこでまぁしゃれた感じにはなるかな。デザインは単一だけども・・・・。

小学生向けのコーナーはとにかく実用向け。
本棚に一杯穴が開いてるのは、驚きました。

まぁやはり値段相応ですな。
 
(100均+無印)÷2=ニトリ
 
ってところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

走りこみ~フルマラソンに向けて

今日は35キロラン。初。

さすがにこれだけ走ると足の裏が結構疲労しました。

それから汗がかわいっちゃって、顔が真っ白に・・・・。

終わった後は寝てしまって、今日一日はほぼこれだけで終わったね(^^ゞ
なかなかタフな練習でした。

これだけ走りこんだし、自信持って挑みたいです。

とりあえず3時間40分は絶対、出来れば3時間半が目標です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月22日 (金)

J移籍情報@元グラ・アンヨンハが大宮に

Jの移籍情報をちらとみていたら、元グランパスのアンヨンハが大宮に移籍していた。
J復帰です。
 
それから、グランパスは千代反田も獲得していましたね。
来年はトゥーリオ、増川、千代反田の3人でまわすんでしょうかね。
3人とも高い!
トゥーリオはともかくとして、後の二人はスピード無さげだから心配だね。
スピードスターにぶっちぎられそう。
 
あとざっと見たところでは、トリニータとジェフの選手流出がヤバいね。特に大分。
 
誰が一番活躍してくれるんでしょうかね、流出組で。
 
そんなのを利用してうまく補強したっぽいのがセレッソですかね。
けが人出なきゃそこそこ戦えそうです。
 
あとはサンガのドゥトラ。
なんでもカカ2世らしいのだけど.....。
どのへんかそうなんでしょう。
 
カカがJのチームに入ったらそれだけでACL圏内とか行きそうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

ユナイテッドアローズ心に響くサービス@本

なんか最近ちょっと停滞気味・・・・・。実験。 

ユナイテッドアローズ 心に響くサービス(日経ビジネス人文庫) (日経ビジネス人文庫 ブルー ま 8-1) ユナイテッドアローズ 心に響くサービス(日経ビジネス人文庫) (日経ビジネス人文庫 ブルー ま 8-1)

著者:丸木 伊参
販売元:日本経済新聞出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日はコチラの本。
多くの人が少しは齧るんではないかというセレクトショップですね。ユナイテッドアローズ。

その接客サービスの理念についてまとめられた本です。

5年ほど前の本なので、現在ならもう多くのところがやっていそうですけどね。
サービスの点で、数年前ならぬきんでた存在だったのかも?
最近、ユナイテッドアローズに行っても特にサービスが抜きん出てるとか感じたことないし。

ユナイテッドアローズ(United Arrows)の名前の由来がわかってよかったかな。
United(束) Arrows(矢)で、そのまま束矢理念・束矢ルールなるものがユナイテッドアローズの理念なんですね。

あとはCSを高めるために何をやってるか、うんぬんといったことが書かれています。
どの会社もこれをやってくれればいいんだけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

幸福な食卓@瀬尾まいこ

今日、泉州国際マラソンの参加証が届きました。
あとひと月。
練習、追い込みかけていかないといけませんね。
1月中は走りこむ!

幸福な食卓 (講談社文庫) 幸福な食卓 (講談社文庫)

著者:瀬尾 まいこ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

主人公・佐和子の家族の物語。
どことなく暖かい話でした。最後まで読むと。

仕事をやめると宣言したお父さん。
家出中なのに御飯作ったりしていろいろ世話をやくお母さん。
それから天才(元)なのに大学にいかないで農業にいそしむ兄。

変だ・・・・。

とっても問題山積していそうな家族だけど、読んでいてそんなことを感じさせないのです。

この家族、何がいいかっていうと、すごく会話があること。
今の世の中、こんな仲良しの家族ってそうそうないんじゃなかなぁ。
だから、すごく暖かい話に感じるんだと思う。

それから家族が絶望の淵に立たされたときに大活躍するのが兄・直ちゃんです。
この話の影の主役です。
これだけ自由気ままな人がいてくれるといざという時支えになるよね。

そんなわけで、『本当の』家族を思い出すのにいい本なのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

『ロシア皇帝の密約』『十二本の毒矢@ジェフリー・アーチャー』

今日はジェフリー・アーチャーを2冊。
確かこれは11月の知恩寺の古本市で買ったやつだなぁ。

Roshiakohtehnoロシア皇帝の密約
ジェフリー・アーチャー

1867年に、アメリカがロシアから買い取ったアラスカには実は買い戻し条項があった・・・・。
その買戻し条項が隠された『皇帝のイコン』をギリギリで取り戻そうとするKGBと、たまたまそれを相続してしまったスコットとのスリリングなバトル。

というかんじでしょうか(かなり大雑把にまとめてみました)。
イコンて何?ってところから理解しなきゃなりませんでしたけど、絵ですな。端的にいうと。サイズは小さいのかな?

まぁ、スコットとKGBの攻防がハンパないですな。
ちょっとスコットが超人的(いうなれば、ジャックバウアー的)なのが行き過ぎかとも思いましたけど・・・・。ま、そのせいもあって面白いですけどね。

1十二本の毒矢
ジェフリー・アーチャー

十二本の短編集。
そこそこ面白かったかな。
内容覚えてるのは「中国の彫像」「ヘンリーの挫折」「ある愛の歴史」です。オチがしっかりついてる話もあれば、なんやらよーわからん話もあったかな。

今回の2冊なら『ロシア皇帝の密約』がオススメです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

それってホントに「うつ」?・ジーパンをはく中年は幸せになれない@新書

今日は新書2冊。
半年くらい前に読んだやつかなぁ。

それってホントに「うつ」?──間違いだらけの企業の「職場うつ」対策 (講談社プラスアルファ新書) それってホントに「うつ」?──間違いだらけの企業の「職場うつ」対策 (講談社プラスアルファ新書)

著者:吉野 聡
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これは現代にはびこるうつ病の正体を暴く本です。
なんでも現代多くの人がなるうつ病は「現代型うつ病」という新型うつらしい。
これまでの「従来型うつ」というのは仕事熱心であるがゆえに発症するうつ。発症すると全般的に意欲が低下してしまう。
対して「現代型うつ」というのは自己中心的で、部分的な意欲の低下(例えば仕事にだけ意欲がわかないetc.)などがみられるらしい。

確かに、ラボでも明らかに「現代型うつ」の人おったなぁ。やはりあれは怠け病か。

「従来型」と「現代型」では対処の仕方が違うということがわかってとても参考になりました。今度「現代型」の人に出くわしたらはっきり言ってあげないとね。

ジーパンをはく中年は幸せになれない (アスキー新書) ジーパンをはく中年は幸せになれない (アスキー新書)

著者:津田 秀樹
販売元:アスキー・メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これはタイトルが面白かったので選びました。
昔うちの研究室に、いっつも色あせたシーパンはいてる嫌な上司がいたもので。
そのことを思い浮かべて買ってしまいました(^^ゞ

読むとタイトルは吊りで、内容は心理学ですね。
ちょっとした心理傾向についてわかりやすく書いてあります。
例:大切な仕事の前日ほど深酒をしたくなる、成功を捨てて確実に失敗する仕事を選ぶ、人数が増えると手抜きをしてしまう、などなどの理由について、あ~なるほどといったことが説明してあります。
が、まぁ、説明されなくてもわかりますわな。
この本のいいたいことは(不幸に繋がる)考え方の習慣を治しましょうということだと思います(たぶん)。
まぁ、人間、自分がかわいいものですから、この本にかいてあることを完璧に実践するのは難しいでしょうけど・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

笑う科学イグ・ノーベル賞@PHPサイエンスワールド

最近は、すごく本をたくさん読んでるのだけど(結構暇だから?)なかなか更新できていない・・・・。これからちょくちょく大雑把にでも更新していきます。

まずは、『笑う科学イグノーベル賞』です。

笑う科学 イグ・ノーベル賞 (PHPサイエンス・ワールド新書) 笑う科学 イグ・ノーベル賞 (PHPサイエンス・ワールド新書)

著者:志村 幸雄
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

イグノーベル賞の紹介にはじまり、日本人が授賞したイグノーベル賞の内容を扱ってます。

「笑わせる、考えさせる」が「誰もやらないorやるべきでない」そして「誰にも真似できない」ような研究が対象。
なかなか狙って獲れるような感じもしないですねcoldsweats01

内容を知ってる研究が多かったですけど、一番興味引かれたのは「兼六園の銅像がハトに嫌われる理由の化学的考察」です。

何故あの銅像にはハトが寄り付かないのか、という疑問を長い長い間(30年!!)持ち続けていた研究者(広瀬幸雄氏)に頭が下がります。
なんでも銅に混ざっている砒素と鉛の量が多いことが原因で電磁波が発生しておりハトが寄り付かないのではないかとのこと。
ハトには人間の100万倍の感知能力があるんだとさ。

確かに誰もやらないね(^-^;
けど考えさせられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

フルマラソンへあと一月@泉州国際

いよいよあと一月に迫ってきた。
泉州国際マラソン。

今日はそれに向けて、28kのトレーニングをしました。
個人練習としては最長距離。

最近練習してなかったから、あんまり走れないかも!?と思っていたけど、思ってたよりは走れてちょっと安心。

ただ、すごい疲れが溜まりましたけど(^^ゞ

来週は35kトレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君たちに明日はない&借金取りの王子@垣根涼介

今週は寒かった・・・・・。

君たちに明日はない (新潮文庫) 君たちに明日はない (新潮文庫)

著者:垣根 涼介
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

借金取りの王子―君たちに明日はない〈2〉 (新潮文庫) 借金取りの王子―君たちに明日はない〈2〉 (新潮文庫)

著者:垣根 涼介
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日は本です。
週末からNHKでドラマ化される『君たちに明日はない』シリーズ2冊です。

主人公・真介が勤める会社は「日本ヒューマンリアクト」というリストラ請負会社。
なんか読んでると、こんな会社ホントにありそうだなぁ、と思いましたが、実際には存在しないんですね(^^ゞ
けど、本書読んでると、ますますもって存在しそうな会社。それがヒューマンリアクトなのです。

これまでのいきさつ(ヒューマンリアクトに勤めることになった)や、真介の同級生(高校時代の)の登場、首切り面接の相手との恋など、一冊目はかなりテンション上がる展開です。

二冊目はちょっと落ち着いた感じで、リストラ対象者の方にも結構視点がいってる感じです。
一冊目の方がインパクトもあるし、○です。

今はハードカバーでシリーズ3がでてるみたいですね。
文庫になったら読むかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

タフネスモデル〜オリンパスμTOUGH-3000・カシオEXILIM G EX-G1

先日発表されたcybershot TX7ですが、なんとTX5という防水使用のものが存在しているようです。
TX1の防水モデルってことなんでしょうか?
いずれにしても楽しみですね。
 
そのつながりでタフネスモデルです↓
002オリンパスμTOUGH-3000
おなじみのμTOUGHシリーズです。
28mm〜で、なんと1GBの内蔵メモリ搭載です。
 
 
続いてこちら↓

0021カシオEXILIM G EX-G1
こっちはGショックばりの超タフネスモデルです。
ただ、まぁカメラの性能は普通以下です。
まぁ、そんなにタフな状況でデジカメ使用しませんけどねcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

とうとうきた!ソニーTX7

今朝、病院に行っていまだに完治しない風邪を見てもらった。
とりあえず今日は安静にしていよう。

001 今日は久しぶりにデジカメニュースを。
ソニーDSC-TX7です。
飛び出ないレンズで25mm!
これが一番のポイントかな。

あとは話題の裏面照射型CMOSセンサー搭載で、高感度対応。

いかほどの実力なんだろうか。 

これは自分が一番待ってた改良(超コンパクトでレンズがでない&広角)。

高感度もばっちりってことで、頼もしい限り。

F3.5からだけど、まぁこれは目をつぶろう。

実際の使用感のレポートが待たれます。
 
あ~、あとSDカードにも対応したんですね。
ついこの前、ソニーがSDカード発表してたからね。
まぁ自分はメモリースティック持ってるからあまり関係ないけども・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

山口慶の移籍先はジェフに決定@移籍

年始に引いた風邪がまだ治ってない。
鼻声がずーっと持続してる.....。
体も疲れやすい。
 
遊びすぎたな〜〜。
 
さてさて、グランパスから放出された山口慶はジェフに移籍することが決定しました。
 
当初から何故手放すのか?ってかなり疑問でしたけどね。
ジェフはいい選手を獲得したと思います。
J1昇格に貢献してくれることでしょう。
 
で、グランパスの選手の出入りですが、
 
ダニルソンというコンサドーレの選手を期限付き移籍で獲得したんですね。
背がでかい、たぶん足下もしっかりしてるんでしょう。
 
マギヌンの中東への移籍話はどーなったのですかね?
もう途切れちゃったのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

今年の福袋@Urban Research

今年は毎年恒例のStarbucksの福袋はやめました。
もうね、さすがにタンブラーいらないので。
 
コアなファン(スターバックスタンブラーの)を除けば、タンブラーって一個や二個あれば十分でしょ。
 
スターバックスにはぜひともタンブラーなしの福袋の発売もお願いしたい。
タンブラーなしの方が売れるかもよ!?
 
で、FrancfrancやGeroge'sやAfternoon teaなどのキッチングッズorインテリアの福袋を購入しようかと思ったんですが、またしても中にマグカップが入ってるんじゃ、これまたNG。
マグはうちに溢れかえるくらいあるので。
というわけでマグ抜きの福袋もお願いしたいです(笑)。(←わがまますぎ(^-^;)
 
そんなわけで、今年は初のアパレル系の福袋に挑戦しました。
最初で最後のつもりで。
やっぱり福袋買うくらいなら、気に入ったセール品買う方がいいもんね。
 
で、Urban Researchの福袋を買いました。
セレクトショップ系の福袋はどこもすごい人気。
たまたま訪れたURだけ残ってたのでゲットできました。
 
中身はというと、
 
ショートトレンチ
ボーダーニット
カットソー
ベスト(←これはいらん!)
マフラー

 
と、そこそこの内容。
色もネイビーとブラック系統でまとめられていてコーディネートしやすそう。
 
唯一いらないのがベスト。
ベストというよりもチョッキと言った方が適切なくらい。
なんかボーイさんとかが着てそうなやつです。
決してダウンベストとかニットのベストとかそーゆーのではない。
これはいらんけれども、ショートトレンチはなかなか重宝しそうです。
 
そんなわけでなかなかおトクな福袋でした。
 
来年はどんな福袋を買おうかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

グランパス、散る~天皇杯・vsガンバ

今日は、記憶にある中では初めて、真夜中に初もうでに行きました(熱田神宮)。
着いたのは11時30分くらいでしたが、もう結構並んでて、お参り終わったのは0時15分くらい?だったかな。

11時から並び始めるらしいので、11時過ぎに行って並んでればちょうどいいかな~。

さてさて、天皇杯です。

グランパス1-4ガンバ
スコア的には完敗。
前半の途中までの出来だと、もう今日は駄目だなぁと思っていたのですが、中村のゴールで同点に追いついて後半に。
 
遠藤のゴールが決まるまでは一進一退の攻防といった様相だったと思ったのですが・・・・・。
 
あれで、終わったなぁ。
 
来季のACLの出場権逃しました・・・・・・・・・。
 
それからサントスの守備軽すぎ。
 
あとは采配もはまってなかったかな。
 
なんかグランパスって勝ち進むんだけど、ころっと大敗しちゃうよなぁ(今季のACLも)。
来季はナビスコ制覇目指して頑張ってほしい。もちろんJも。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »