« 告白@湊かなえ | トップページ | モーリス・ユトリロ展@美術館えきKYOTO »

2010年10月12日 (火)

日本、韓国と分ける~守備からのカウンターというスタンスはOKだが・・・・

週末の天皇杯、グランパスは危なげなく札幌に勝利し4回戦に進みました。
次はアルビレックスです。

韓国0-0日本
今日は、しっかり録画しておきました。

アルゼンチン戦と韓国戦、2試合通して、ザックジャパンの大体のスタンスは理解できたか、というところです。

まぁ、当初の予想通り『守備からのカウンター』というイタリアンスタイルです。

守備はやはりいいです。
短期間とはいえ、さすがはイタリア仕込みです。
がむしゃら守備じゃなく、組織的に落ち着いて守備してました。

そしてカウンターもなかなか。
ドリブルで仕掛けられる選手が増えてきたのも大きいか。

アジアカップは逆に、相手が引いてくるからね。
そのときの戦い方はどうかな?というのがアジアカップの注目ポイントですね。

==========================================================================
あとは個々の選手について。

この2試合通して、やはり日本の中心は本田でしたね。
ホンダ抜きの日本は考えられない。

前田はもっと見てみたい。
多分、これからも代表には入り続けるだろうなぁ。

金崎も入りそう。縦に鋭いタイプはやっぱりオプションとしてほしい。

ウッチーは外れそう。
なんかプレーが適当。右サイドは駒野くらいしかいないのかね。
槙野って左利きだったっけ?

|

« 告白@湊かなえ | トップページ | モーリス・ユトリロ展@美術館えきKYOTO »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140393/37207241

この記事へのトラックバック一覧です: 日本、韓国と分ける~守備からのカウンターというスタンスはOKだが・・・・:

« 告白@湊かなえ | トップページ | モーリス・ユトリロ展@美術館えきKYOTO »