« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の22件の記事

2011年1月30日 (日)

日本、アジアカップ優勝!~イエーイ、イエーイ、ほら李だよ~@セルジオさん絶叫

いやぁ、やりましたね。

日本1(延長)0オーストラリア
試合内容は、前後半90分は、正直、決勝だからなのか、なんだか面白くない試合でしたね。
やっぱ、香川ってすごいだなぁ、と痛感。
岩政はやいとこ入れといて正解でした。ザッケローニ、さすが!ですね。

延長はいって、キューウェルが交代してくれてよかった。あれで、オーストラリアの攻めがかなりダウンした感じだった。

延長は、もう打ち合いになって、どっちに転んでもおかしくなかったけど、長友は試合を通じてクオリティ高かったなぁ。
李はゴールシーンは見事だったけど、他は特に仕事してなかったよね・・・・dash自信過剰になるのは禁物だ。

セルジオさんの絶叫が久しぶりに聞けたわ。
「イエーイ、イエーイ、ほら李だよ!」と聞こえた(笑)。

 

それにしても、オーストラリアがあれだけ守備的なサッカーしてるとは知らなかった。
カウンターがメインだとは聞いていたけど。

ワシントンがいた頃の浦和とか、ちょっとタイプは違うけど、ジュニーニョがいる時の川崎って感じだね。
ボールを奪ったら、ほんと簡単に放り込んでくるもんなぁ。
そして、ボールの収まり具合が半端ないわ。
アジアレベルなら、これで特に問題ないからねぇ(実際、オーストラリアが優勝してた可能性大いにあるわけだしね)。

まぁ、数年前まで、南米とプレーオフやってたわけだから、そういう守備的なサッカーにならざるを得ないのかな(今、その頃からやっているベテラン中心ってのもあるのかなぁ)。

 

藤本&ウッチーの右サイドはつらかった。
藤本は仕掛けることすらできず、ウッチーも全く相手を交わすこともできずに、アーリークロスの連発じゃね。
藤本はいいにしても、ウッチーの代わりになるような選手がいないからしょうがないけどねsweat02

DFは、トゥーリオがいずれ復帰するだろうし、今大会でバックアッパーもそこそこ目処がついたかな。
長谷部&遠藤の中盤は磐石(代わりがいないけど)。
あとは、FWかねぇ。
あ、森本が復帰すりゃいいか。前田は二番手で。ちょっとボールの収まりが悪い。

コパアメリカとコンフェデ楽しみですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年1月29日 (土)

ラッシュライフ@伊坂幸太郎

いよいよ、アジアカップ決勝だ~。

ラッシュライフ (新潮文庫) ラッシュライフ (新潮文庫)

著者:伊坂 幸太郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

古本屋で安く見つけて買いました。

前も、「アヒルと鴨・・・」でも仙台舞台で、コインロッカー出てきたよなぁ。
仙台出身!?

それから、話の展開は、伊坂幸太郎お得意(?)の、それぞれの人物のストーリーがとっかえひっかえ語られていくというパターン。

とまぁ、どっちでもいいのですが、ちょっとこの本、問題あるなぁ。

バラバラ殺人とか、ちょっとねぇ。
出てくる手法がえげつないわ。

ちょっと最近あった事件などを思い出して、いや~な気分になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

美女と竹林@森見登美彦

学振の科研費申請のお知らせが来た。
がんばって書かなきゃ~happy02

美女と竹林 (光文社文庫) 美女と竹林 (光文社文庫)

著者:森見 登美彦
販売元:光文社
発売日:2010/12/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

単行本で以前に出たやつの文庫化です。
最後に文庫化に際して追加して一編しています。

2007年~2008年頃の連載をまとめたものです。

竹林ありきではありますが、この時期のノリっていうのがやはり好きです。
ちょうど、『夜は短し~』を書いていた頃ですかね。

よくわからんむちゃくちゃな感じがいいです。
MBC?なんでもありだな~って。

京都を舞台にした話が森見さんの性には合ってる気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

日本、最後は耐えて決勝進出!@アジアカップ~帳尻合わせのPKの末に

いやぁ、さすがは日韓戦という試合でしたね。

日本2-1韓国
前半、サイドからぐいぐい押して、ややテンション上がり気味でオーバーペースかな?と思いつつも、完全に押し込んでたので、今日はいけるかなぁ、といった感じで見てました。
 
謎のPKで先制されたけど、あのあと審判のジャッジングの不安定さが露出したというか。
その後の朴のPKっぽいやつ流されたしね。
 
後半は、韓国が日本のサイド攻撃に対応してきて、
『日本のサイド攻撃減衰→前半からのオーバーワークで後半のわりと早い時間帯から足が止まる』
と、いつぞやの試合を思い出すような展開になってしまいました。
 
韓国のメンタル&フィジカルはやはり半端ないね。
朴の一瞬の加速はアジアレベルじゃ対抗不能だわ。あれ。
 
延長の日本のPKはどう考えても、前半の韓国のPKの帳尻合わせ。
両成敗という感じか。
 
日本は、萌、延長に入ってから、伊野波と本田拓をいれましたが、この選手交代はもう少し考えようがあったかなぁ。
素直に李入れといた方がよかったかもね。
 
萌は、途中出場で、やや雰囲気にのまれてたような。
得点シーン以外では、よくないプレーが目立つように感じだな。
 
本田拓は何しにきたのかよくわからん。
一番フレッシュなのに、簡単に足かけるって.....。
なんかくちゃくちゃかみながらやっとるのも気に食わんね。
川島に感謝しなきゃ。
 
あとは、延長後半のアディショナルタイムが短くて助かったね。
結構時間止まってたから、もう少しあるかも!?と思いましたが、そこは審判に助けられました。
 
 
この勝利で、決勝進出と同時に、次回大会の予選免除も獲得しました。
これはなにげにでかいですね。
 
決勝はオーストラリアと。
どうなるかなぁ。
 
ビドゥカがいないし、FWの高さはなさそうだけど、DFの高さはえげつないので、日本は苦手のセットプレーで失点しないことが大事そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

意外に苦しいのね....@PDの生活

ANA旅割の先行予約が今日から始まって(ANAカード会員)、かなりスムーズに予約が出来ました。
前に先行予約(いつから出来たのか知らないけどdash)ではなく、通常の旅割予約開始日に予約しようとしたら、そもそもなかなかネットにすらつながらない状況で、予約獲るまでにかなり大変だったことを考えると、かなりおトクなサービスです。これ。
 
 
さてさて、来年度からの家賃とか(そもそも引越も)、かかってくるお金(保険、年金etc.)とか、最近になって(というか今年に入ってから)いろいろと勉強しだしたのですが、結構苦しい台所事情になりそうです。
 
大体必要経費(家賃、税金、公共料金etc.)を抜くと、あとは10数万程度しか残らないです......。
貯金しなきゃならないのにsweat01
 
 
学生時代の考え方は甘かった.....といわざるを得ないです。
もし、DCやPDに当選したあかつきには、めっちゃ贅沢できるなぁとか思ってたもんなぁ。
 
そんでもって、補助や福利厚生などが一切ないし。自営業扱い。
 
DC貰ってる人、めちゃくちゃうらやましく思ってたけど、案外そうでもない、という事実をやっと知りました(自宅生は別だけど)。
当たる前は、「そんなこといったって、お金貰えるんだから良いじゃん!」と思ってたのですが、いざ自分が該当すると結構厳しいもんですな......。
 
まぁ、いろんな手続きを会社がやってくれるよりは勉強になっていいですが。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

starbucksのレシートアンケート@ドリンク一杯なんでも

3月くらいまで休みも結構予定が詰まってます。
こんなこと初めてかもなぁ。

 

Dsc09936

週末、starbucksでドリンクを注文したら、レシートにアンケートがついてましたhappy02
店員さんによると、アンケートに答えるとドリンク一杯(好きなドリンク&サイズ)サービスしてくれる、というものみたい。
贅沢~。
アンケート答えさせただけでは終わらせない、サービス精神がすばらしいですな。

前にスターバックスカードにチャージでワンドリンクなんでも一杯ってのがあったけど、レシートについてたのは初めて。

調べると結構珍しいみたい。
ランダムで出てくるって事なのかな。

今から、どんなカスタマイズしようか考えてしまう~sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

こんな試合ってアリ?~日本、カタールにまさかの逆転勝利で準決勝進出@アジアカップ

昨日は熱い試合でしたねぇ。

カタール2-3日本
まさか、あの状態から逆転できるとは、全く予想しませんでした。

麻也が若さのせいなのか、退場しちゃって・・・・。
しかも、そのあとのFKが直接入って、もう終わったかと思いましたが。

香川がことごとくワンチャンスをものにしましたね。
カタールも序盤から飛ばしすぎて終盤疲れてましたけど。

とにかく香川はワンタッチ目がすばらしすぎる。
この試合、逆転できたのは香川のおかげ。
最後のゴールだって、ボールを最初に受けたのは香川だったしね。

伊野波は本職のセンターではなかったので厳しかったけど、最後に決められてよかったね。
運がない日はあれすらはずしちゃうから~。

それから岡崎。
10人になってからはちょっと消え気味でしたが、そこまでのパフォーマンスはよかったね。
アジアカップを通して成長している感じ。
シュツットガルトはお得なお買い物をしたかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

仙台で、アントラーズ2トップ形成〜柳沢とマルキーニョス

今日はカタール戦。
しっかり見なきゃ。
 
ベガルタ仙台がアントラーズを退団したマルキーニョスを獲得しました。
 
これでヤナギ&マルキのアントラーズ2トップが仙台の地にて結成されます。
仙台は中盤はそこそこいいので楽しみですなぁ。
 
 
問題はDFでしょうか。
飛び抜けて失点が多い訳ではないですが、支柱となるような人が欲しい。
どっかであぶれたベテランセンターバックを獲得すればかなり上位進出狙えそうな気がしますが。
 
前線はある程度マルキが個人で点とってくれる訳だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラクして成果が上がる理系的仕事術@鎌田浩毅

今日、本部へ行ったのでそのついでに買った本↓↓

ラクして成果が上がる理系的仕事術 (PHP新書) ラクして成果が上がる理系的仕事術 (PHP新書)

著者:鎌田 浩毅
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まぁ、何が書いてあるかというと、ちょっと手抜きしながら、ラクして効率よく仕事しましょう!
みたいなことかな。
特に参考になるのは、最初の半分です。
読んでみて、自分がどれだけ効率的にやれているか、ってのを判断するのになかなかいい本なのでは?と思います。

私の場合、知らず知らずのうちに自分が実行していることが多かったような気がした(自分の行動などを好意的に解釈すれば、だけどsweat01)。

理系脳になっているから、文系の人がどう考えるかってわからないんだけど、この本に書いてあることが事実ならば、文系の人と理系の人ではこうも考え方が違うんだなぁと。

これを読んで、こんなことやってない!とか思う理系の人がいたら、その人は相当回りくどい人だろうなぁ。

 

いろいろと引用されている文章があるのだけど、一番「そうだったのか!」と思ったのがこれ。

現在もっとも幸福なのは科学者たちである。彼らのもっとも優秀な連中の多くは、感情的には単純であり、仕事から非常に深い満足を得るので、食べることや結婚などにもすぐに満足することができる。(中略)彼らは複雑な感情を持つ必要がない、彼らのより単純な感情は何も障害に出くわさないのだから。感情における複雑さは、川の中のアブクのようなものである。』(ハートランド・ラッセル『幸福論』)

優秀かどうかは置いておいて、私、確かにどんなことにも非常に満足しやすい。
感情的にもとても単純だと(自分では)思っているし。
こんな的確に研究者について述べられていたとはね。

 

この本読んで導入しようと思ったのは、徹底したクリアファイルによる整理かな。
今後実行していこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

大勝大勝!日本5-0サウジアラビア@予選1位通過

昨日、23時KOとブログに書いて、23時前にテレビつけたらもう前半終わってましたwobbly
もし、このブログを見て、試合は23時からかと思ってしまった方がいらっしゃったら、ごめんなさい。
 
日本5-0サウジアラビア
前半あっという間に3点取れて決した感じですね。
 
まぁ、サウジのやる気なさにも大概あきれましたがね。
スペースがら空き、連動性ゼロ。
 
あんなけサイド攻撃が決まるってのもなかなかないよ。
代表レベルで。
あれなら日本代表の敵ではないでしょう。
 
試合は楽だったかもしれないけど、FWが5点取ったってのが評価できると思います。
 
そんなわけで、次は開催国・カタールです。
 
日本ってカタールとよく当たる気がするんだけど、気のせい?
まぁ、ガチガチ守ってくるだろうけど、ここらへんで香川がゴール決めてくれるとチーム全体ますます乗れるよね。
 
ちなみにKOは、21日22時25分です。
今度は確認したから間違いないですdash
 
まぁ、ほんとのポイントはカタールには勝つとして、次にくるのが韓国かオーストラリアかどっちかってことだね。
今夜決まるのかな。
それが楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

日本代表、今夜サウジ戦~23時KO

4月からの引越し先をもう決めに入ってるんですが、まだ早いかなぁ。
かなり遠方なので、実際に見に行けないので、仮おさえという形でね。
家賃安いし、かなりおトクなように思うんですが。
 
さてさて、今日は日本vsサウジアラビア。
サウジはFIFAランクをみると78位。
いい選手がいるわりには、代表では結果が残せてないんですね、最近。
今回も予選敗退決定したし。
 
ただ、そうだからといって見くびってたら、ヤバいことになりそう。
日本代表て、そんなところも若干あるしね。これまでにも。
 
特に心配なのがGK西川。
大分時代のパフォーマンスならともかく、広島に移ってからのパフォはちょっと....と思うところもあるので。
 
 
この試合に日本が勝つと1位通過で、決勝T一回戦で開催国カタールと当たることになるみたい。
2位通過だとウズベキスタンになって、そっちの方がいやだけど。
 
まぁ、日本代表の真価が問われますね。
開催国とやるってのは一番難儀だしね。
 
今日は23時KOだから、最後まで見よっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

大雑把に、学振(DC1・DC2・PD)について~申請の際、気をつけること

昨日、アジアカップで韓国vsオーストラリアという予選屈指の好カードがありました。
1-1になった後、寝てしまいましたがwobbly
キューウェル、まだやってたのね。
今はガラタサライ所属。
 
今のところ特に波乱はなさそう。
 
================================================================= 
たまたま運良くPDに採用されたので、もしかしたら申請の際に気をつけたことがプラスに評価されたのかもなぁ、と。 そこで、学振申請時に思ったことをこれからちょこちょこと書いていこうと思います(不定期更新)。
もしかしたら誰かの参考になるかも!?なんて。

一応、私の申請歴は、
M2時:DC1(生物系)→不採用
D1時:DC2(生物系)→撃沈
D2時:スルー
D3時:スルー
D4時:PD(農学系)→採用
です。(分野は生物系と農学系で。自分自身は農学系ラボ出身)。
 
まずは、DC1、DC2、PDについて(主に農学系、生物系の範囲で。文系はまた違うと思います。)。
よく書かれていることですがね。
  
<DC1>
M2時に申請。
ペーパーはなくてもOK。
あるにこしたことはないけど。
ただ、あるからといって天狗になっては結局落ちるみたい。
よく、指導教官が学振のこと考えて、ちっちゃい論文をM2のうちに出すということがありますが、それで学振落ちたら最悪です。
自信喪失します。
 
DC1はペーパーよりも、申請書の内容勝負。
M2の春じゃ、まだまだ自分の研究内容をしっかり説明できないんだし、ちゃんとした日本語でわかりやすく書けているかが相当大事だと思います。
小難しいことを書かない。誰が読んでもわかるくらいに。
まぁ、ペーパーがあって、ボスが申請書を大幅に書き直せば、かなりの高確率で通るかと(後々どうなるかは知らないけど)。
  
それから、大学名&ボスの知名度(←農学系では特に重要)。
一時期、農学系で申請してた同期がごっそり採用されたことがあった(私はその時生物系で出してて(ペーパー0)、あえなく不採用sadまぁ、申請書が悪かったのかもしれないけど....)。   ただ、DC1(DC2も)は最近採用数が大幅にふえているので、結構狙いやすいのでは?と思います。まぁ、自分はダメでしたけどねsweat01
 
<DC2>
D1orD2時に申請。
ペーパーは一報あるとかなり有利です。生物系ではほぼ必須だと思います。
できれば国際誌。
ただ、論文いっぱいあっても落ちることはあるみたいなので、やはり申請書が大事。
このあたりはDC1と同じ。
 
それから大学名&ボスの知名度も(←農学系では特に。DC1同様の現象が、DC2の時もありました。この場合は、業績不要。)。
私はD1の時に生物系で申請し(ペーパー0)、あえなく撃沈。D2時はスルー。
 
<PD>
D3以降に申請。
ペーパー(業績)がないと、申請するだけほぼ無駄です。
しかも一報では無理だと思います。
そんでもって、質より量でしょうね。多分。 トップジャーナル一本とそこそこのジャーナル2~3本だと、後者の方が有利そうな.....。 よくわからんジャーナルでも一本は一本、と数えるんだし(PubMedに引っかからないようなジャーナルであっても)。
(注:あくまで個人的なイメージ。ちょっと分野が違えば、ジャーナル名見ただけですぐにトップジャーナルかどうかわからん&いちいちIF計算してる審査員とかそんなにいなさそう。まぁ、Natureとかなら話は別だと思いますが、博士取りたてでNatureクラス持ってる人は多分PDなんかに申請していないだろうけど。) 受け入れ先探したり、申請書書いたり.....、と疲れるので、実験して業績を増やす方に専念する方がいいと思います(私は業績なかったので、D3時は申請しなかった)。
 
34才未満の人が申請できます。
そうなってくると、年食った人の方が業績は多くなりますが、大事なのは直近の1、2年でどれだけ業績出してるか、だと思います(私の場合は、申請年のペーパーが3つあった)。
学位を獲った時が、ペーパーがちょこちょこ出てるので、その時が最大のチャンスかと。
 
それから、受け入れ先ボスの知名度
PDでマイナー研に行くのでは、なんで??って思われるし。やっぱり有名どころで。
 
そして最後に
これが大きいように思います。PDは。
一番は、自分の申請書が、大勢いる申請書の評価者のうち、誰に渡るかってことです。
一応、申請者は博士号を獲る人たちだし、一定以上のクオリティは大体の人が持ってるって考えると、ほんと紙一重の差だと思います。
申請書を読む人によって生じる微妙な差で決まってる気がする。 そこで確実に差をつけたいなら、やはり業績。
 
私は、D4時の申請にこれまでの生物系からはじめて農学系に変更して申請し、採用されました。
業績が十分にあれば(有名ジャーナルのね)、農学系出身でも生物系で戦えると思います(実際に先輩でそういう人がいました)。
 
 
間違えてるところもあるかもしれませんが、個人的に思うのはこんなところです。
来年度、学振申請する人で、業績増やす人はそろそろ論文投稿しとかないとね~。

後で書いた記事へのリンク 学振の申請書を書く時に気をつけたこと 学振で他に気をつけたこと@受け入れ先研究機関

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年1月13日 (木)

日本代表、今夜シリア戦~案外、あっさり勝ってしまいそうな・・・

今日、PD受入先機関から受入承諾書が届いたので、他の書類とまとめて提出しました。
あれやこれやと気を使いすぎて、書類提出だけで疲れてしまったdespair

今度は研究員用の科研費の申請書かぁ。

 

さてさて、今夜はシリア戦ですね。
シリアが初戦でサウジを破ったことで、シリアが日本の対抗馬として上がってきました。
一応。

マスコミがあれやこれやと書き立てるけど、なんだかんだであっさり勝ちそうな気がします。
まぁ、実際ここでドロー以下ってありえない気がするし。
そんなんだったら、勝ち上がっても決勝T一回戦で、敗退しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

オリンパス、XZ-1発表〜驚異のF値&望遠端でも明るいレンズ

引越し準備やら、実験追い込みやらで、頭の中が忙しい....。
 
004オリンパスXZ-1が発表になっていました。
これはすごいです。
28mm-112mm(35mm換算)でF値が1.8-2.5です。
F1.8ってのが驚異だし、望遠端でもF2.5ってのがすごい。
 
人気でそう。
 
去年はcanonのS90かなんかが人気のばしたもんね。
あれはF2.0だったかしら?
 
これからは、こういう明るいレンズのモノがどんどん売れていくのかな。
 
NEXも新機種が発表されるようですし(2、3ヶ月以内に?)、はやく買わなきゃ。
こっちの方でも頭の中が忙しいです....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

日本、ドロー発進~アジアカップ

今日は、成人の日でした。
電車乗ってたら、それっぽい人たちがたくさんいました。

ヨルダン1-1日本
分けました。
まぁ、負けなくてよかった。

昨年の親善試合から、引いた相手に対しては苦労するのでは?と思ってたけど、その通りでしたね。
最後は麻也が決めて最悪の事態は免れました。
麻也、いつのまにか復活していたのね。

次のシリア戦が山場だな~。

サウジは監督交代しちゃって、多分、今回は敵にはならないかと。
となると、サウジを下したシリアが怖い、というわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

遠まわりする雛@米澤穂信

遠まわりする雛 (角川文庫) 遠まわりする雛 (角川文庫)

著者:米澤 穂信
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2010/07/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前に読んだ、「氷菓」(感想はコチラ)に次いで、二冊目の古典部シリーズ。

折木奉太郎(おれきほーたろう)がちょっとした謎をいとも鮮やかに解いてしまうという話です。

氷菓と同じで、まぁ普通。

奉太郎の姉って実際には登場しないのかね?もしかして、もう登場したりしてるのかしら?

あと、奉太郎と千反田の関係っていつ発展するのかしら~ってちょっと気になるものの、古典部シリーズはこれにて完了の予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カシオ、TRYXを発表〜自分撮りに便利なスイバル機&モーション検知のセルフタイマー

カシオから面白いデジカメが発表されました。
 
TRYXです。
06まずは、なんといっても液晶モニター部とレンズ部が独立に回転できるスイバル機能でしょう。
自分撮りに便利。
いまいち構図が定めにくい時でも、被写体のほうで動いて微調整できるのはいいですね。
 
最近、バリアングルモニターのデジカメがふえてきて、その影響でしょうか。
昔は、ちょこちょこスイバル機があったらしいのですが、最近はあまり見かけませんでした。
 
 
それから、TRYXのすごい機能は、モーション検知機能です。
 
液晶モニターを見ながら、被写体のほうで配置を決めてから、手を振るなどの合図をカメラに送ることで、セルフタイマーが起動するというもの。
これはものすごく便利。
 
レリーズシャッターなどがあればいいんですが、持ってないので。
 
でもって、35mm換算で21mmの単焦点というのも、なんだかんだで、便利そうです。
 
人物が入った写真をたくさん撮りたい(自分撮りやツーショットなど)人には結構人気が出そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

もう誘拐なんてしない@東川篤哉~やくざの娘を誘拐したら?

東川さんの本を。
そうそう、その前に、『謎解きはディナーの後で』の続編が文芸誌きららで始まったんですが、文芸誌きららの年間購読申し込みましたよ。年間2000円なら安いでしょ!?

もう誘拐なんてしない (文春文庫) もう誘拐なんてしない (文春文庫)

著者:東川 篤哉
販売元:文藝春秋
発売日:2010/07/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

たまたま助けた女子高生を、とある理由から誘拐したことにして身代金をぼったくろうとしたら、なんとその女子高生はやくざの娘だったのです・・・・。
というストーリーです。

東川さんお得意のキャラクター構成で、いつもと同じく楽しめました。
舞台が一度訪れたことのある関門海峡だったのも、楽しめた要因の一つだったかも。

トリックはまぁ、ちょっと手は込んでいるけれど、ビックリって感じではなかったね。

章ごとのマークの蛸がかわいかった。

    追記:東川さん関連の記事 謎解きはディナーのあとで@東川篤哉 もう誘拐なんてしない@東川篤哉~やくざの娘を誘拐したら? 『謎解きはディナーの後で』続編は文芸誌きららで 放課後はミステリーとともに@東川篤哉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始に読んだ本@赤川次郎編~夫は泥棒、妻は刑事シリーズ他

次は赤川次郎。

泥棒に追い風 (徳間文庫) 泥棒に追い風 (徳間文庫)

著者:赤川次郎
販売元:徳間書店
発売日:2010/11/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新刊の棚に置かれていて、ふと手にとって読んだのですが、スピーディーかつコミカルな展開で、気に入ってしまいました。
「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズということで、古本屋で探していろいろ読みました。

読んだのは、

盗みは人のためならず
泥棒よ大志を抱け
盗みに追いつく泥棒なし
泥棒も木に登る
心まで盗んで

です。

夫で泥棒の淳一と妻で刑事の真弓の出会いについて書かれたやつってあるのかな?
できたらそれを読みたい。
今後も暇があればちょくちょく制覇していこう。

次はコチラ。

不幸、買います―一億円もらったら〈2〉 (新潮文庫) 不幸、買います―一億円もらったら〈2〉 (新潮文庫)

著者:赤川 次郎
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前に読んだ『一億円もらったら』の第二弾。
秘書が選んだ人に一億円を上げて、どうなるかを観察するというやつです。

遺産相続とかでちょいとありがちな話ではあるけど、『崩壊家族』はリアル感がひしひしと伝わってきてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末年始に読んだ本@東野圭吾編~流星の絆・怪笑小説

年末年始は結構本を読んでました。
読みやすいお手軽本を。

まずは東野圭吾です。

以前にドラマでやっていた『流星の絆』、それから『怪笑小説』を読みました。 

流星の絆 流星の絆

著者:東野 圭吾
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

序盤で、犯人らしき人をちらっとみただけで、犯人だと断定して話が進んでいく・・・ってところにちょっと無理がある感じがしたなぁ。
でもって、やはり真犯人はいたということになって。

最後の傘の柄についた傷から、あそこまで推理するのは、ホームズも顔負けの名推理でしたね。

怪笑小説 (集英社文庫) 怪笑小説 (集英社文庫)

著者:東野 圭吾
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

個人的にはこっちのほうが好き。
○笑小説シリーズです。

しょっぱなの『鬱憤電車』でやられましたhappy02
全員に対して、わかるよ~と共感してしまいました。
あとは『しかばね台分譲住宅』。無理すぎるだろって言う設定でも、ここまでの発想はなかったなぁ、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

今日から始動@頑張るぞー

今回の年末年始は久しぶりに長く滞在して、ゆっくり休めました。
 
今日からラボです。
PDの書類が届いていて安心しました。ホッwink
あと3ヶ月で今の実験にケリつけなきゃならんので、忙しいなぁ。気分的に。
土日はなんだかんだで時間とられそうなので(他事で)、平日に集中してやるしかない!
サンプルの整理とかも大変そう。
 
バーゲンでは、
 
前述のstarbacks福袋
服数着
革靴
 
を買いました。
 
来年はデパートの家庭用品売り場で、福袋を買おうと画策しています。既に。
ちょっと覗いたけど、結構いいものありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

starbacksの福袋は・・・・@2011年福袋

今日は、starbacksの福袋を買いに行きました。

一日に近所のスターバックスは福袋売ってたんですが、欲しかった5000円のやつを買えなかったので、今日、ラシックに並んで、わざわざ並んで買いました。

ぎりぎりゲットできました。
残り3人で。

内容はというと・・・・、

ダブルウォールグラス(PAVINA)
VIAたくさん
コーヒー250g×2
CD
ドリンク付きグリーティングカード×2

期待してたほどの内容じゃありませんでした。
ややがっかり。
 
コーヒー250gが豆じゃなくて、粉だったのが残念でした。
選べるようになってるとよかったんですがね。
もしくは引き換え可能にするとか。
 
ネットで他の人のやつをみると、CDは他のものと入れ替わってるやつもありました。CDはやや外れ・・・・。

ダブルウォールグラスは違う形のやつをいくつか持ってますが、PAVINAは持ってない形だったので、まぁ、よかったかな。

他には服をいくつか買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »