« 農芸化学会中止.....@地震の影響で | トップページ | 要旨集まだ届いてないんですけど、本当に発送したんですか?@農芸化学会 »

2011年3月23日 (水)

学振で他に気をつけたこと@受け入れ先研究機関

最近、すっかりご無沙汰してしまいました。
地震があったのもので、4月に予定していた引越の日程や賃貸マンションの交渉、その他引越に伴う諸手続きなどを全部ペンディングにするため、あちこち電話してました。
 
学振についてのメモ③です(①はコチラ、②はコチラ)。
 
学振がたまたま通ったのは『申請書の審査員とペーパーの数』によるところが多いと思いますが(参考記事①・②)、敢えて他に理由を探して、理由を挙げるとしたら研究室移動に関することでしょうか。
 
いつの頃からかは知りませんが、PDは結構厳しく、研究室移動が定められています。
『実質的な研究室移動と認められるか否かは採否の重要な判断基準となります』とまで書かれているのですから。
事由があれば、元のラボで研究を続けることも可能みたいですが、基本無理っぽいですね(認められて、かつ採用になっているのは全分野で数人程度です)。
 
ただ所属のラボが変わった、というだけではダメで、
 
元々の指導教官が別の大学に転出し、そこで受け入れ教官となる
元々のラボの指導教官以外の教員が別の大学に転出し、そこで受け入れ教官となる
元々研究委託先だったところを受け入れ先にする(共同研究先を受け入れ先にするということなのかな?)
 
などはダメshockという結構厳しい条件が課せられています。
 
まぁ、学振の方で、全申請者に対してそういった細かいことをチェックするのは難しいでしょうから、審査員(元々の指導教官周りのことを知っているような審査員)がこれは怪しいと判断したり、業績リストに共著者として名を連ねている人を受け入れ先にしていたりすると、マイナス評価になるんでしょうかね。
推測ですけどsweat02
 
同じ大学内で部署を変えるってだけでも、もしかしたらマイナスになるのかもしれないなぁと思います(同じ大学内なら、引越もしなくていいし、元々のラボで研究するということも可能だしね)。
 
全く考えも及ばなくらい、遠いところにしておけばプラスになるのかしら?
少なくともマイナスにはならなさそう。
 
 
そういう物理的な移動ということが以上に書いたことですけれども、それ以上に、受け入れ先研究機関が『これまでの研究を更に発展させるような研究が可能である』研究機関(該当分野でかなり進んだ研究をしているラボ)でないとプラスには働かない気がします。
「移動めんどうだし、近場の大学を手っ取り早く」みたいだったら、「なんでそこに移動するの?」って思われちゃいそうな気がします。
 
全く異分野というのも難しそう。
申請書でこれまでの研究とこれからの研究を結びつけて書けないもんね(←これは申請書書いてて強く思った。似たことをやってるようなところを受入先にしないと申請書が書けないsign01)。
今の研究よりもグレードアップした有名どころ(少なくとも今よりは)を受入先にしないと厳しいのかなぁ。
それを凌駕するほどの業績があれば話は別だけどsweat01
 
自分の場合、<かなり遠い&これまでの研究を発展させる>というのがあったので、申請書で足りなかった点数をカバーできたりしたのかもsign02なんて思ったので、書いておきました。
 
実際には、同じ大学内で移動したり、同じ都道府県内にある大学間で移動というのもあるのでしょうが、絶対的な統計値みたいなものが出てないので、なんともわかりません。
 
DCの人には関係ない話ですがね。

|

« 農芸化学会中止.....@地震の影響で | トップページ | 要旨集まだ届いてないんですけど、本当に発送したんですか?@農芸化学会 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140393/38553105

この記事へのトラックバック一覧です: 学振で他に気をつけたこと@受け入れ先研究機関:

« 農芸化学会中止.....@地震の影響で | トップページ | 要旨集まだ届いてないんですけど、本当に発送したんですか?@農芸化学会 »