« マリアビートル@伊坂幸太郎~グラスホッパー続編 | トップページ | 大塚家具で買い物@接客にオドロキ »

2011年4月 1日 (金)

特別研究員(PD)の研究費受給〜民間の助成受給が可能に

震災のどたばたにまぎれて、
 
『日本学術振興会特別研究員については、「採用期間中は、国内外を問わず、他のフェローシップ、研究費の助成等を本会以外から受給することはできない」としているところです。このたび、「特別研究員-SPD、特別研究員-PD及び特別研究員-RPD」については、特別研究員としての研究課題が更に進展すると考えられる研究(共同研究等への参画を含む。)を実施する場合などにおいて、本会が定める事項を全て満たす場合に限り、本会以外から助成される研究費を受給すること、又は助成を受けた研究者から研究費の配分を受けることを可能とする取扱いとすることにしましたので、お知らせいたします。』
 
というメールが来ました。
科研費はダメですがね。
 
一見すると、民間の助成もOKですよ、っていういい知らせなようですが、おそらく、これはPDの研究費が減らされるということなのでしょうね。
今年度分は、助成を受けるのがもともとダメだった訳で、助成の採用を辞退してしまった人も大勢いるでしょうから、来年度から研究費減ってことなのかしら。推測するに。
 
どっちにしても5月くらいには金額が決まるから、それを見ればわかるはず。
2年目以降大幅減とかなってたら、そーゆーことなんでしょうね。
 
研究費ちょっと削ったくらいじゃ、震災の復興にはほとんど役に立たないと思うのですが。
まぁ、給料貰えれば、研究費少し減ってもいいですが...。
 
けれどもこれで民間の助成にも応募できることになった訳だから、片っ端から応募しまくって、どっか一個でも引っかかればいいな〜。

|

« マリアビートル@伊坂幸太郎~グラスホッパー続編 | トップページ | 大塚家具で買い物@接客にオドロキ »

日記」カテゴリの記事

コメント

そういう裏があるんですか。
私はこれで、所属研究室から通勤費などを受給できるのではと、
無邪気に喜んでいたのですが、、、
ダメですね裏が読めないと。

投稿: 元酵母 | 2011年4月 5日 (火) 01時14分

自分の憶測なのでわからないのですが。
 
「助成を受けた研究者から研究費の配分を受けること」がどのような扱いになるのでしょうかね。
なかなか、研究費配分してくれそうなボスはいなさそうですけどsweat01

投稿: masamune | 2011年4月 5日 (火) 23時44分

交付予定額が出ましたね。
見たところ、昨年度まで言われていた額と同じくらいのようです。
そうすると件の通知の意味するところは何なのでしょうかね。
学振PDの独立性の向上を目指したものなのか・・。
まあそもそも奨励金だけで全ての研究をまかなえていた人というのは
ほとんどいない訳ですし(そうですよね??)
その上で、研究費の配分を受ける事が可能になる、というのは
何を意味するところでしょうね。

投稿: 元酵母 | 2011年4月26日 (火) 00時59分

元酵母さん
コメントありがとうございます。
僕は、6掛け~7掛けといったところでした。
例年並なのかどうかわからないのですが、とりあえず、大幅減ということはなくて安心しました。
学会の参加費+旅費と試薬類を買うくらいですね。機器とかどうかんがても買えませんから・・・・。

外部資金獲得能力がより重要視されるようになってきてるということなのでしょうか・・・・。

投稿: masamune | 2011年4月26日 (火) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140393/39446669

この記事へのトラックバック一覧です: 特別研究員(PD)の研究費受給〜民間の助成受給が可能に:

« マリアビートル@伊坂幸太郎~グラスホッパー続編 | トップページ | 大塚家具で買い物@接客にオドロキ »