« 仙台国際ハーフ@2013 | トップページ | 仙台鉄人会 »

2013年5月17日 (金)

学振へのお願い

ここ最近、ボスとの仲は凍結していますsweat01

本業の実験は、なんか面白い方向に話が流れそうな、そんな感じがしています。
少しでも何か新しいことを見いだせればいいなと。
残り3ヶ月ちょいですが。

今日は、学振の今後の要望について書いておこうと思います。
まぁ、一ポスドクが何を偉そうに、って感じですが、軽く聞き流しておいてください。

任期:
3年→3年+2年のオプション(なんらかの絶対的な評価基準が必要ですが。例えば論文数とか。)

研究費:
研究員奨励費→研究員奨励費に加えて通常の科研費への応募も可能にする(近頃のサイエンスは無駄に金がかかり、奨励費だけではできることが少ない)。
また、行く先のラボにもよるけど、教員が科研費外したりするので(まぁ、そんなラボに行く方が問題ですが)。

行く先:
偽って博士課程と同じラボで過ごしている人は採用取り消し。
今後は、機関は必ず変更するようにする(要は、同じ大学内で違う学科に行くor違う学部に行くってのは×。発覚した場合は採用取り消し)。

 

まぁ、この辺りは学振の提言でも上がってきているみたいなので、長いスパンで見れば変わっていくでしょうか。

|

« 仙台国際ハーフ@2013 | トップページ | 仙台鉄人会 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140393/51666842

この記事へのトラックバック一覧です: 学振へのお願い:

« 仙台国際ハーフ@2013 | トップページ | 仙台鉄人会 »