カテゴリー「旅行・地域」の32件の記事

2013年5月 9日 (木)

GW@東京ステーションホテル

GWは、ディズニーリゾートに行って、ついでに東京でも遊んできました。

東京では東京ステーションホテルにとまったんですが、さすが、クオリティの高いホテルだなって感じました。
ちょっと背伸びして泊まったかいがありました。

駅舎に沿ってできてるので、廊下がとーっても長いです。
フロントから上がると、対極の部屋の場合はその長い廊下(確か335mといっていたような)をひたすら歩きます。
外出時には、宿泊者専用エントランスってのが廊下の途中にあるので、廊下の端っこに泊まってる場合でもいちいち廊下をずーっと戻って....って必要がないようになってます。

ホテルマンの人もとってもすばらしい(普通のホテルでも十分すばらしいんですが、特別にってことね)。

部屋は天井がとっても高くて、実際の広さ以上に広々。

朝食は宿泊者しか入れないレストランでたべましたが、いらっしゃってる方々の落ち着きっぷりにまたまた感服。
子供さんもとーっても行儀よくしてました。
勿論、食事もGood。
フレンチトーストのジューシーさに驚愕。

いいホテルに泊まると、そういった雰囲気の中で過ごせるのでとってもいいです!
まぁ、値が張るのでいつもってわけにはいきませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

十和田湖&奥入瀬渓流

とねぶた祭の翌日は、十和田湖と奥入瀬渓流に行きました(ツアーの一環で)。
 
どちらも初めて。
 
十和田湖は西村京太郎トラベルミステリーなんかで出てくるイメージ。
青森と秋田にまたがってるんですね。

Photo_4

砂浜っぽくなってるところもあったり、波が強かったりこれまで見たことのある湖と少し違うなぁと。
 
ここでは足漕ぎボートやりました!20年ぶりくらいでしょうか。
思った以上に進まなくて疲れました。
 
それから奥入瀬渓流。
できたら全部歩けると良かったんだけど、そうもいかず(時間がないので)、レンタサイクルで回りました。

Photo_3

一番良かったのは雲井の滝。もうマイナスイオンいっぱいhappy02みたいな。
銚子の滝ってのも水量が多くて迫力あったわ〜。

 
 
帰り、仙台についたらちょうど花火が上がってて、ぎりぎりセーフで花火も見れてしまいました。

続きを読む "十和田湖&奥入瀬渓流"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 7日 (火)

ねぶた祭@跳ねたよ〜

週末、バスツアーで「ねぶた祭り」に行ってきました。
 
初参加だったので、とにかくどんなもんかわからなかったんですが、予想以上に楽しかったup
 
当初は、「初めてだしみるだけでいいかな?」と思っていたのですが、現地についたら「やっぱ参加でしょ」ということでハネト衣装をレンタルしてねぶたとともに街を跳ねまわりました。
 

Photo_5

サントリーなどがついてるねぶたで、最初にプレモルが配布されて景気づけに一杯してからスタート。
2時間でぐるっと一周したんですが、ほんとあっという間。
途中ちょっと疲れましたが、本当に楽しかった。
 
桟敷席で落ち着いて観覧というコースもありましたが、若いうちはハネトに参加したほうが絶対楽しいです!!
  
 
その日はホテルに宿泊して、次の日は十和田湖&奥入瀬渓流に行きました(続く)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

北海道に行ってきた

GWは北海道に行って来ました。
この時期は飛行機の値段がかなり高くて(まぁ、当然だけどさ)、通常の時期の倍以上の値段がかかりましたsweat01
事前の天気予報が雨だったので心配でしたが、たまに小雨がちらつく程度で助かりました。
 
Photo_3まず行ったのは、定山渓温泉。
日帰りバスで行ったのですが、あまりにも寂れていてがっかりしました。
どんなガイドブックも1、2ページしか載っていなかった理由がわかりました。
わざわざ行くほどじゃないなぁ。
昼ごはんを食べるところを探すのも苦労しましたsweat02
定山渓第一ホテル翠山亭がオススメです。
 
Photo次の日は、旭山動物園へ。
バスで移動。
3時間ほどの滞在でしたが、思っていたほどの混雑はなくて、十分に楽しめました。
昔に訪れた時よりも人の流れもスムーズで、ほどよい混雑具合でした。
ガチャガチャバブルがやばかった。
 
Photo_2あとは、小樽。
たまたま通りかかった文学館で古本市がやっていたので、覗いて来ました。
文庫が一冊50円という破格で売られていました。
結構レア物っぽいような本もあったように思います。せどりっぽい雰囲気の人もいたような。
もちろん運河沿いや堺町通も行きましたけどね。
今度小樽来るなら、長めに滞在したいな。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

北海道旅行記~その5・番外編

釧路から羽田に飛んでairplaneその後お台場に行きました。
 

Photo_25

 

実はお台場は初(今さらですが)sweat01

想像してたのとは違いましたが、ま〜こんな感じか、と。

Photo_26

Photo_27

自由の女神像とフジテレビを見て、日航でお茶をして(←値段のわりにしょぼかった)、パレットタウンでウィンドーショッピングして、観覧車のって....、という感じです。

 
 

ま、そんなに好んで行きたいなとは思いませんでしたが、あれだけビル(しかも商業ビル)がたってるというのもすごいもんだと。そのせいで、海が近いのに、全然海が見えません(観覧車に乗ったら見えたけど)coldsweats01

品川へのアクセスはバツグンで、東京テレポートから品川は近いです。

品川から新幹線に乗って帰りましたbullettrain

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

北海道旅行記~その4・阿寒湖編

Photo_22

阿寒湖に着いて、まずはアイヌコタンへ行って置物等を買いました。

阿寒湖は二度目です。
前来た時と全く変わってなかった。

今回は花ゆう香というホテルに泊まったのですが、フロントに頼めば、近場のところはどこへでも送ってくれるサービスがあってすごく便利でした(他の宿もあるのかも)。

グループホテルのあかん遊久の里 鶴雅の温泉も入ることが出来て、ここはなんかいろいろ種類があってすごかった。屋上に露天風呂あり、それから洞窟みたいな温泉もありました。
 
阿寒湖温泉は北海道の中でも有数の温泉地らしいです(バスガイド談)。
 
夜は阿寒湖のナイトクルーズに乗りました。
辺りがあまりにまっ暗すぎて、船に乗ってる最中は景色は何にも見えませんsad
 
チュウルイ島でマリモ展示センターを見て、帰ってくるというコースです。夜だから、特に動ってことはなく、明るい時間に乗った方がよかったかなぁ、と。
 
===================================================================

Photo_23

翌日は10時のバスで釧路空港に行かなきゃならなかったので、朝早起きして阿寒湖畔を散歩しました。

 

Photo_24

まず、湖畔の散歩道をずっとあるいてボッケを目指しました。
ボッケってのはなんかこう、泥沼でぼこぼこと地下からお湯が湧き出てるものです。大体20~30分くらいで到着しました。

 
帰りは、弁慶が足を休めたという言い伝えのある弁慶の足湯で一休み。
結構お湯の温度が高くて、ちょっと浸かっただけで体全体が暖かくなりました。
 
余った時間でエコミュージアムを見て、釧路空港に向かいました。(番外編へつづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道旅行記~その3・フレペの滝・摩周湖・硫黄山編

翌日は阿寒湖に向けて北海道ツアーランドさんのリゾートライナーに乗車ました。
 
この日の午前の知床観光船に乗れるのですが、この日もあいにくの天気で欠航despair
フレペの滝散策への変更になりました。
 

Photo_17

知床自然センターの横の道から入って大体20分程度でフレペの滝に到着です。
岩の割れ目のところから水が流れ出して、別名「乙女の涙」とも言われているそうです。

Photo_14

Photo_15

途中でエゾジカの親子連れに会いました。
場合によってはもっといろんな動物に会えることもあるみたい。

滝へ向かう途中の景色は一面の緑の草原!と言いたいところですが、ほとんどの草木は枯れてしまっていて、死の草原って感じでひどく寂しい雰囲気でした。

Photo_13

フレペの滝はよかったです。
もうちょっと低い位置に展望台があるとなおのことよかったと思いますが。
欠航になったおかげで間近から、しかもゆっくり見えたってことで結果オーライってところでしょうか。

 

知床峠を通り、羅臼町へ。

羅臼では国後展望閣ってところでおみやげをかって、標津のサーモン科学館で、サケについて勉強しました。

Photo_18

そのあとは摩周湖です。到着するまでの道はわりと霧が多かったのですが、湖はきれいに見えました。
以前にも訪れたことがあって、その時よりもクリアに見えたなぁ。

 

屈斜路湖を遠くに眺めつつ、硫黄山へ。ここは初。

Photo_19

Photo_20

硫黄の噴出口があって、付近一帯かなり硫黄臭いんですが、案外面白かった。
お土産に硫黄玉ってのを買いました。

 

Photo_21

今回使わせてもらったリゾートライナー、結構よかったです。
バスもゴールドの車体&新しい。
ガイドさん付きでいろいろ勉強になるし。
疲れたら寝られるしね。

そして、結果的に約8時間ほどかけて阿寒湖に着きました。(阿寒湖編へつづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

北海道旅行記~その2・知床編後編~知床五湖etc.

Photo_8

次は知床五湖です。
  
船にも乗れなかったので、ゆっくり時間をかけて回りました。
 
こんな自然に溢れた場所、まだあったんだなぁと勝手に感慨に耽りながら回りました。
ぱらぱら小雨が降る中でしたが、それはそれで絵になる感じで、かえってよかったです。
 

Photo_9

湖には名前は付けられてなくて、一湖ニ湖三湖四湖五湖と5つの湖があります。
一湖から順に回りました(左の写真は一湖)。
 
ゆっくり回って大体90分くらいでしたかね。

Photo_10

一湖ニ湖だけ回って帰ってくるコースもありますが、時間があれば、ここは全部回った方がいいです。
特に三湖四湖はよかったなぁ(右の写真は確か三湖)。
 

Photo_11

また歩けない人や舗装されてないところを歩きたくない人用に高架道も設置されています。
ただ、遮るものが何もないので、行った時は風がすごかった。
傘が二、三回ひっくり返りましたhappy02
 

Photo_12

高架からは知床五湖のうちの一湖(だと思う)を上から見る格好になって、これまた壮大な景色に圧倒されました(左写真)。
 
ここで一つ注意しとかなきゃ行けないのが、知床五湖からカムイワッカ湯の滝へは直接いけません。
あらかじめ、ウトロバスターミナルか知床自然センターでカムイワッカ湯の滝行きのチケットを予め購入しとかないとダメなのです。
これで足止め食らってる人がちらちらいました。
 
宿は知床夕陽のあたる家です。
景色を楽しみに予約したのですが、これまた悪天候で夕陽は全く見えずwobbly
 
晩ご飯はグランドホテル北こぶしで頂き、ついでに北こぶしの温泉にも入りました。(フレペの滝・硫黄山・摩周湖編へつづく)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年10月 4日 (月)

北海道旅行記~その2・知床編前編~オシンコシンの滝・カムイワッカ湯の滝

イーグルライナーに乗り、知床のウトロバスターミナルに着きました。
 
バスについていっておくと、乗り心地はよくなかったです。まぁ、コレだけ長い夜行バスに乗ったのも初めてだったのもあるのかもしれませんが。
肩が凝りました。
 
で、そんなに早く知床に着きたかったのは、知床観光船おーろらの午前10時の便に乗りたかったから。
一日一便だけ長く周遊する船がでるので、ぜひ乗りたかったんです。
 
が・・・・、
 
空は曇っていて、なんと欠航になってしまったのです(その日の他の便もすべて欠航)despair
今回の旅行でコレはかなり楽しみにしてたのでめちゃくちゃ残念でしたが、まぁ仕方ない。
 
バスを使って地上から散策することにしました。
 
まずは、オシンコシンの滝へ行きました。
 

Photo_5

滝が二つに分かれて流れているらしいのですが、前日の雨で水量が増していたのか、水が一面をざーっと流れて迫力UPしてました。
本当は階段を上って滝の真正面にたつことが出来るらしいのですが、落石の危険性ありということで立ち入り禁止でしたwobbly
バスターミナルから少し斜里方面へ戻るんですが、バスは本数がほんと少なくて、ウトロに戻るバスは一時間後だったので、それなら歩いちゃおうってことで歩いたんですが、道がくねくねしててひどく時間がかかりました。
朝っぱらからかなりの運動してしまいました。
結局一時間後のバスに追い越され、そのバスに10分遅れでウトロバスターミナルまで戻りました。
まぁ、途中で三段の滝っていうちょっとマイナーな滝も見れたのでよかったですがね。

Photo_6

Photo_7

その後はバスでしか立ち入ることの出来ないカムイワッカ湯の滝へ。
1時間くらいバスに乗りました。
滝の横を登って、滝の近く(左の写真の小さく人がいるところ:右の写真)まで行けます。

 

湯の滝の水にさわると、確かにぬる暖かい感じ。へぇって印象です。
温泉が湧き出て滝になっていたはずです。
中には滝の上方へのぼっている人もいました。
滑って落ちたら死ぬな、と。

問題は帰りで、これは結構大変。階段とかないのです。
晴れてたら問題なさそうだけど、雨が降ってて滑りやすくなってるから、転んでケツが泥だらけになってる人もいました。

ただ、山中に入ってからは天気が変わりやすく、結構な雨が降ってました。

その次は、知床五湖です。(知床編後編へつづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道旅行記~その1・札幌編

シルバーウィークの北海道旅行記をようやく書きます。
ここ最近、卒業式やら秋期の発表やらでばたばたしてたので。
 
行き先は、知床・阿寒湖です。
 
経路としては新千歳から入って、札幌→(夜行バス・イーグルライナー)→知床→(一泊)→阿寒湖→釧路空港です。
 
帰りの釧路からの飛行機は、「連休最後で飛行機の旅割が午前の便までしかきかない」&「どっちにしても名古屋への直行便がない」ということで、新千歳で乗り換えるのも癪なので、釧路→羽田と飛んで、お台場で遊んで新幹線で名古屋に帰るという経路にしました。
 
まずは、札幌編です。
 
といっても、札幌は夕方に着いて、夜のバスに乗るだけなので滞在時間は短いのですが....。

 

Photo_4

前にも来たことがあるので、北海道大学と時計台に行っただけです。 

Photo_3

花まる寿司を食べて(ちょっと並んだけど)、そのあと日航のリゾートスパに行ってお風呂に入りました。
少しお値段かかりますが、それだけの価値はあります!
めちゃくちゃよかったです。

札幌市内の夜景見えるし、とにかくきれいで広いし。

 

そのあと、北海道中央バスセンターへ行き、イーグルライナーに乗りました。(知床編前編へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (1)